ぽけっとの小物GOMOKU日誌 〜博多湾〜

博多湾を中心に、あの手この手でちっこい魚を釣り歩く僕こと「ぽけっと」の釣りの記録です。 ちっこいルアー好きです! あれこれ釣れるから! ちっこいのも釣れるけど、たまにデカいのも釣れる。 難しい釣り用語や道具については詳しくないですが、楽しく小学5年の息子と釣りしてまーす\(^o^)/ 最初の一匹、釣れないときの一匹、のお役に立てば幸いです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

湾奥アジング仲間達とナイトアジング!!!・・・の予定がほぼソロ釣行ww こちらゲキ渋!!あちらパラダイス!?



こんにちは!

昨日は湾奥のアジング仲間たちがそろって釣行とのことで、僕も遅ればせながら参加して来ました♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

当初の予定では、ここ1週間好調だった河口エリアでアジングしようかという事になってたのですが・・・・・・・。

ゲキ渋(°д°|||)

なにやら申し訳いであります。。。。。。

前日のJH-Special 58/TZの鱗付の時点で、ちょっと怪しさは感じていたんですけど(((°Д°;)))

満潮時間が深夜3時とちょっと遅かったんですよねぇ。

なので、僕が到着した22時過ぎはかなり潮位が低かったです。

一部のポイントは潮位によって、足元から手前3mラインの潮の動きが著しく変化するのですが、ここ河口エリアもその内の一つなんですよねぇ。

デッドラインともいうべき潮位がありまして、それより潮位がある場合、一度入ったアジがしばらく抜けなくなる仕組み・環境が構築される感じなんですよ(°∀°)ノ

で、昨日はその高さ満たす前の釣行。。。。。

それでも散発で釣れはするんですけどね(´・ω・` )

ただ、アジの足が速く数が出ないだけです。

満潮時刻も調べずに、河口エリア良いですよ〜なんて誘ってしまった僕のミスですね(°д°|||)

反省。。。。

友人たちはもっと潮位の低いど干潮のタイミングでエントリーさせられてるもんですから、たまったもんじゃないですよねぇ・・・orz

それでも、なんとか数匹のアジをひねり出してくれていたようで、みんなの技術レベルの高さに脱帽でありました!

僕は遅れて来たので、まだよびっと潮位が上がっていたのですが、すぐに見切りをつけるくらいのアタリのなさでしたわ・・・・。

集まったメンバーも前日好調だったエリアに移動したとのことでしたので、僕は友人Bと一緒に、みんなとは違う場所をちょと調査しに行く事に(°∀°)ノ

僕が普段アジングをするところは、ボトムにある程度のストラクチャーないし起伏・駆け上がりがあるところがメインなんです。

地底変化に乏しい博多湾奥ですが、所々にそんなところがあるんですよ(°∀°)ノ

でも、今回僕が様子見に選んだポイントはボトムの起伏もないフラットなエリア。

しかし、足元から水深があり、潮通しがかなり良いポイントだから♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

薄明かりも効いてますので、アジングが成立する要素は最低限以上そろってるんですよねぇ。

河口エリアの潮位が足りないなら、ここかなぁ〜と。

しかし、移動して来て見ますと・・・・・・。

かなりの強風(°д°|||)

風を遮るものが一切ないポイントなので、横から風をもろに喰らいますwww

うーん、やりにくそうであります┐(´ー`)┌


でもとりあえずはタックルを準備!


ロッド:DFR−511  
リール:ソアレ CI4+ 500S 
ライン:
月下美人タイプ-E 0.2号 
リーダ:銀鱗0.8号 

ロッド:ソアレCI4+S706ULS   
リール:ソアレ CI4+ 500S 
ライン:月下美人タイプ-E 0.2号 
リーダ:銀鱗0.8号 

ジグヘッド:アジメバアーミー14号サイコロヘッドMini 
ワーム:アジール



さて、やってみるぞ〜!!

表層にそれなりに浮遊物が溜まっているので、もしかしたらアジも浮いてるんじゃないかな〜と期待しつつ、まずはサイコロヘッドMini 0.6gでアプローチ。

・・・・・・・だめだ┐(´ー`)┌

風が強すぎるwww

そして、潮が速すぎる(´・ω・` )

一挙にウェイトアップ!!

サイコロヘッドMini 1.0g
にチェンジ。

そして、ロッドをロングロッドにチィンジ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ソアレCI4+ S706ULS

さて、これで潮位は低いけど、ロッドを下に下げれば風の影響はなんとか避けられますな。

レンジを5〜10〜15と刻んでいきますと・・・・・

カウント15のレンジで・・・・ツツ!!?

うーん、掛からんΣ(°Д°;)

けど結構あたりが出ますね。

すこしトレース角度が悪いのかも。

潮は右から左にストレートに流れております。

今キャストしてたのが、正面。

どうやら群れの一番左端をギリギリかすめている気がしましたので、

もう少し流れの上手(右側)になげてみることに。

流れも右から左、風も右から左に強烈に吹いてくるので、右にキャストポイントをズラせばズラすほど難易度が上がっちゃうwww

テンションが抜けやすいので、レンジを保つのが大変w

ジグヘッドの沈下速度も速くなるし(°д°|||)

でも、ロッドの長さを活かしつつ、レンジキープをしてますと、カウント15のレンジで・・・・

・・・・・・・コン!!?

よっしゃ!!!!!

image

やっぱり予想以上にジグヘッドが左手に流されてますね。

やりとりを始めた時の位置がかなり左側でした(°∀°)ノ

再び、斜め右前にキャスト!!

サミング着水させたあと、穂先を海面に突っ込むように下に向けます。

それでもどんどんラインがたるむので、穂先を下げたまま糸ふけを回収します。

たまに、ちょんちょんと小さなシェイクを入れて、ジグヘッドの存在を確認。

・・・・・・・コン!!

image

やはりカウント13程度でのヒット。

中途半端な中層に群れがいるようですねぇ〜。

アタリは結構出るものの、なかなかフッキングに至りませんねぇ。

ちょっとラインのたるみが多く出すぎており、合わせが間に合ってない様子。

そこで、いっそのこと自動的にフッキングする方がマシかもしれないとアプローチ方法を変更。

穂先を下に向けたまま、連続シェイキングでレンジキープする事に。

これならシェイクが合わせの動作にもなりますので、偶然フッキングすることも考えられますww

すると・・・・・・コン!!?

image

よしよし!

ゲット!!!

image

しかし、シェイキングに反応があったのはこの2連続だけ┐(´ー`)┌

そのあとはシェイキングだと当たらず。

仕方なく、再びドリフトメインのレンジキープで・・・・・コン!!?

image

おー、がっつりフッキングww

15分程で友人Bも2匹ゲット(°∀°)ノ

強風下で並んで釣りをしているので、ちょとしたことでラインが絡んじゃうんですよねw

最後の一匹にしようかと、二人でキャストしてますと、僕にアジがヒット!!

お先にごめ〜んなんて言いながらアジを回収しておりますと、アジが急に友人方に走り出しラインがからんじゃった(°д°|||)

image

友人の道糸に一周してるだけだったので、友人のジグヘッドは海中に入れたまま、ラインをほどき・・・

「はい、ほどけた! ごめんね(((°Д°;)))」といって糸を離した途端・・・

友人「あ、アジ掛かってます!!」

な・・なにーーーーΣ(°Д°;)

ほったらかしドリフトの間に釣れちゃった模様ww

うーん、どうやら流されてくるものを積極的に食ってるんですなw

ある程度釣れはするものの、風は強いし、バイトポイントが狭いので友人たちを呼ぶのはやめ、再び河口エリアに戻ると・・・・・・・。

やはりまだまだ潮位が足りません。。。。

しかし、それでもそれなりにポツリポツリとアジを追加してる友人たち(°∀°)ノ

しばし、このエリアの癖なんかを話しながら釣りは休憩(´・ω・` )

すこーし潮が動き出したタイミングで、釣りを開始!

しかし、なかなかアジが入ってこないなぁ。。。。

沈黙がながーく続きます。

一人ならもう帰ってますねwww

しかし、誘った手前、どうしてもこのエリアでツ抜けしなければという変な義務感がw

河口エリアを広く観察して、潮が良く当たってると思われるところを一人ランガン。

ん??

ゴミが溜まり始めとるところがあるぞ!

明暗も絡むし、ストラクチャーによる潮のヨレも発生するポイントですので、これはいけるかな??

風も少し収まったので、ジグヘッドはサイコロヘッドMini 0.8gにチェンジ!!!

ゴミの下を狙うと、結構流れが出てますね〜。

カウント5で・・・・・コツ!!
image

よっしゃ!!!

しかし、ここからアタルもののなかなか掛からない状態に。

うーん、さっきのポイントでも放置で釣れてたから、もう少しナチュラルに流れた方が良いかな?

ってことでにサイコロヘッドMini 0.6gにチェンジ。

すると・・・・・連発!!!

image

image

ここから6連続キャッチ!!!

急いで、友人に声を掛けこっちに来てもらいますと・・・・ポコポコっとキャッチ!

その後、僕もポロポロキャッチでトータル15匹程度のキャッチで終了(´・ω・` )

実釣行時間2時間近くもあったのに15匹・・・・・(°д°|||)

うーん、渋いですのぉ。。。。。

ツ抜けはしたものの、時間が掛かりすぎましたねぇ。

途中、チニングも試みて移動したのですが、セイゴしか釣れずw

打って変わって、違うポイントに大きく移動した友人たちはホクホクの釣果だった模様www

やっぱり大きくアジの群れが移動したようですね〜。

次の大きな潮回りまで河口エリアは渋いかもしれないですねぇ。

今回は大失敗(((°Д°;)))

友人たちのおかげで、今釣れているエリアは把握できましたが、しばし違うポイントを探し回ってみようと思いますわ(°∀°)ノ

みんなで幸せになれるアジングは中々難しいですねぇ(´・ω・` )

もっと精進せねば!!!

こりずにアジング頑張るぞ!!!!!!!!!!!

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 

BlueCurrent JH-Special 58/TZのレビュー♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ かなりの好感度なのに乗せ調子という不思議な魅力のロッド!! 



こんにちは!

昨日は友人が新たにアジングロッドを購入したということで、さっそく鱗ずけのためにアジングガイドに行ってまいりました♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

今回の試釣ロッドは・・・・

BlueCurrent JH-Special 58/TZ 

image
〈写真はJH-SP58/TZ、1gのジグヘッドただ巻きで獲ったアジ〉

まだリリースされて間もないロッドのようですが、どんなロッドなんでしょ??

触ってみるのが楽しみですわ!

どうやら、聞いたところによるとヤマガブランクスのニューロッドで、「チューブラモデル」ということですわ。

どんなロッドなんだろ〜。

image
〈写真はJH-SP58/TZ、0.6gジグヘッドのドリフトで獲ったアジ〉

さて、お仕事を22に終わらせ、さっそく釣り場へ=333

途中たまたま、アジングポイントの近くで仕事を終えた友人から電話があり現場で合流することに。

とりあえず、友人には先行してアジングしといてもらうことに(°∀°)ノ

このところのベイトの安定っぷりからして、余裕だろ〜とタカをくくってたんですがねぇ。

釣り場についてみると・・・・・・

潮位がちょっとまだ足りない。。。

あら、しばし待たないとダメかな??

先行してくれた友人に状況を聞くと、ゲキ渋だそうで・・・・・。

まじですかΣ(°Д°;)

とりあえず、タックルを準備しますか!!



今回のタックルは


ロッド:BlueCurrent JH-Special 58/TZ
リール:ヴァンキッシュ1000PGS
ライン:ルミナシャイン 0.2号
リーダ:銀鱗0.8号 
 

ロッド:DFR−511  
リール:ソアレ CI4+ 500S 
ライン:月下美人タイプ-E 0.2号 
リーダ:銀鱗0.8号 
 

ロッド:ソアレCI4+S706ULS   
リール:ソアレ CI4+ 500S 
ライン:月下美人タイプ-E 0.2号 
リーダ:銀鱗0.8号 


ジグヘッド:サイコロヘッドMiniアジメバアーミー#14
ワーム:アジール



さーて、このセットでいきますよ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

しかし・・・・・うーん、当たらんぞぉ。。。。。

困ったな。。。

待ってればいずれ入ってくるのはわかっていますが、こちらからアジを迎えに行きますかねぇw

友人たちには、その場アジングを続けておいてもらい、僕だけちょっとダッシュで今のアジの付き場を確認しに行くことに=3333

さて、まず表層から順に探って行きますか。

まずはジグヘッド0.6g&アジールで様子見。

常夜灯による明暗の境目と、潮の流れを意識してせめてます。

アジが居ると考えられるのは、明暗の堺エリアと潮の効いてる中。

なので、効率良いアプローチ手法として、明るいエリア及び、その先の暗部の潮にジグヘッドを乗せドリフトさせつつ、暗→明→暗へとジグヘッドを入れて行きます。

現状一番可能性が高いのは、明→暗に入るところ。

夜間の常夜灯周りでの釣りになりますと、この堤防によって出来る暗部というのは、ちょうど潮が堤防に当たって戻る「ヨレ」も高確率で常時発生しているポイントとかぶりますので、アジが居付いてることも多いです。

さて、今回はどうかな??

キャスト!!

表層から探って行きますと・・・・ココ!!

お!居る居る!!!

表層で当たって来たけど乗らず。

うーん、ちょっとレンジが合ってないのかもなぁ。

今度はカウント3でのアプローチ。

すると・・・・・・コン!!?

よーし♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

この後も3匹連続で来たので、ぼちぼち友人たちのとこまでアジが入るでしょ〜。

ってことで、僕も戻ります。

すると、程なくして友人たちもアジゲット♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

よかったよかった!

しかし、ここ数日でもっとも渋いですね〜。

レンジの乱高下が激しく、なかなか絞込みが大変ww

どうやら同じアジの群れの広がり方が大きすぎて、密度が低い感じ。

3人並んで釣りをしてるのに、

僕はカウント5でアジゲット。

友人はボトム。

もう一人の友人は表層落ちパク。

どのレンジにも同時にアジが居るというなんとも不思議な現象┐(´ー`)┌

問題は、それぞれ魚が少ないwww

いろんなアプローチでアジが釣れるので非常に楽しくはあるんですけどね〜。

僕は途中、ジグヘッドウェイトを1gまで上げて、ちょっと早めにストンと落とし、ボトムでシェイキング&レンジキープで連発

image

しかし、5匹程度でストップ。

ちょっと流れが出だすと、0.6gのジグヘッドをドリフトさせた方が食いが良くなり・・・

ゴン!!

image


こんな感じでダラダラと釣れ続ける感じで、2人で45匹アジゲット!!

image

ある程度ヤマガブランクスのJH-Special 58/TZを使い倒させていただいたので、ちょっとレビューをw

まず、ロッドが軽いですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

50gしかございません(°∀°)ノ

そして、振り抜けも良いですね。0.6g〜1gを投げましたが、それぞれ、きっちりロッドに重さを乗せキャストすることが可能です。

カタログスペク的には3gまでキャスト可となってすが、0.6gの飛距離も全く問題ないですね。

むしろDFR-511より若干飛ぶくらいあります。

特に驚いたのは、相反する要素を持っていたこと。

感度の面は、かなり金属的に明確に「コツコツ」とアタリがでます。

それなのに、かなりアジを乗せやすい仕上がりになってるというΣ(°Д°;)

チューブラなのに、柔らかいんですよ。

DFR-511でもただ巻きで乗るか乗らないか??みたいな状況でも、きっちりJH-Special 58/TZでもただ巻きでアジが取れました。

感度面ではDFR-511を圧倒しますね(°∀°)ノ

さすがチューブラ。

ここまでアタリデカく出るのか!?ってくらい。

ちょっと気になったのは、少々ショートロッドにしては「ベリーからバットにかけてダルさ」があります。

DFR-511よりそれがちょっと目立ちますね。

0.8gのジグヘッドでボトムでトトトンっとジグヘッドを跳ね上げて、フォール・シェイクで誘う・・

こんな感じのアクションをつけようとしますと、シェイクするたびに「だよんだよん感」があります。

DFR-511ですと、ソリッドゆえに穂先に行くに従って細くなっており、先端がよりしなやかですので、ベリーが動くか動かないかの極小シェイクにすれば、ダルさを隠すことができるのですが。。

JH-Special 58/TZについてはチューブラゆえに、どうしてもシェイクをいれるとベリーまでちょっとアクションがつきやすくてですね〜。

僕の慣れが足りないだけかも知れませんけどね〜(°∀°)ノ

もうすこしベリーから下はシャキッとしてくれると個人的には好みかな〜(°∀°)ノ

アジングでそんなにいつもシェイクが必要かと言われると、そうでもないですわw

なので、僕は次のロッド候補として問題なしw むしろ欲しいww

DFR-511同様の乗せやすさがあり、かつ金属的感度の面ではDFR−511よりはるかに上。

ダルさはあるものの、チューブラにして、この潮読み感度は驚きでした。

ティップで潮の重さを測るというより、ベリーで潮の重さを感じるという表現かな?

チューブラの乗せ調子という不思議な魅力のロッドですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

もちろん、感度の鋭さのおかげでこちらから超積極的に掛けて行くことはも可能。

初心者にも上級者にもオススメの一本ですね。

DFR−511はおそらく初心者にはアタリがわからないことも多いと思います。

やりこまないとなかなかロッドで潮を読むことができないでしょうから、DFR-511を使うのなら、「ロッドで潮を読みながらアジングをする段階」まで来てからがオススメですもんね〜。

じゃないとDFR-511はなんか分からんけど勝手にアジが引っ張り出した??ってロッドになりかねませんからwww

でもJH-Special 58/TZについては、まず「コン!!」と明確なアタリが手元で増幅されますので、アジが食った!つついて来た!!ってのを逃すことはまずないと思います。

それでいて、勝手に巻くだけで乗せることもできますからね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

中級者以上ともなると、潮を読みながらのアジングがメインとなると思いますが、こちらのロッド、潮読みもまったく問題なし。

こりゃまた、アジにとっては恐ろしい兵器が誕生したものだwww

このロッド欲しいなぁ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

DFR−511よりも、大きなアクションをつけることができるので、1.5g程度のジグヘッドでのリアクション含めた「動」のアジングも快適にできるし、このロッドを手に入れたら新しくアジングの引き出し増やせそうなんですよね〜(°∀°)ノ

メリット・デメリット含めて気になる方は、お店に自分のリール持って行って、このロッドに付けさせてもらって、キャストアクションとシェイクアクションをつけてみると良いと思いますわ(°∀°)ノ

ジグヘッドもぶら下げさせてもらって、店員さんにしたからジグヘッドをすっと持ち上げてもらったり、指でつついてもらうと、感度の良さがわかると思いますよ!

とくに、下からジグヘッドをすっと持ち上げてもらった時に違和感を取れるかどうかというのは重要なところですからねぇ〜。

これがわかるロッドは、ラインの負荷変化を捉えやすいロッドになりますので、潮は読みやすいと思われます(°∀°)ノ

シェイキング時のだるさが気にならない方にはオススメですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

最近気になるロッドが多すぎて困りますわww

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 

仕事途中にこそっと20分デイゲーム♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ロングロッドアジングのメリットを考える(°∀°)ノ



こんにちは!

今日は南区は風がすごかったですの〜(°д°|||)

街路樹がワサワサ揺れてて、枝折れるんじゃないの??って感じでしたねw

そんな中、お昼から仕事で六本松方面まで出ておりまして(°∀°)ノ

こんなに風強かったらアジングはさすがにしんどいかな〜??

などと思いながらも・・・・・・・。

風が強い悪条件下でアジングしたいという欲求もちょっとあったりwww

とゆーのも、昨日のアジングで久々に7.6fのロングロッドを使ったジグ単アジングが意外と楽しかったもので♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ロングロッドであれば、キャスト後、穂先をすぐに海面に向けて下げれば、風の影響を受けるラインの長さ(表面積)を最小限にすることができますので、強風時でもアジさえいれば、ショートロッドより楽にアジングが展開できますしね(°∀°)ノ

『ほーら、ロングロッドだから強風下でも問題なくアジングできるや〜ん!』って釣り場で思いたくもありwww

昨日使用しました、ソアレ CI4+ [Soare CI4+] S706ULSは、超乗せ調子の竿でありますので、こちらから積極的に掛けに行かなくても、掛かるときは勝手にかかるというのもありますので、強風下で掛けに行くのが難しい状況も何とかひっくり返せるんじゃないかな〜と。

もちろん此方から掛けに行った方がキャッチ率は上がりますので、極力此方から積極的に掛けに行くつもりではあるんですけどね♪

『ロングロッド』 プラス 『超軽量リール』の組み合わせも悪くないな〜ということが昨日わかり、またひとつ、ロングロッドのメリットも見えて来ましたのでね!

昨日、僕が新たに感じたロングロッドによるメリットは

動かさないアジング」の「動かさない時間」をより長くとれるということ。

僕の言っている「動かさないアジング」というのは

「連続訊き合わせ釣法」

のことでありまして、

ロッド操作としては、

ロッドをゆっくり立てて行くことでジグヘッドをサビき、

レンジキープをひたすら続ける釣り方となります。

流れが自分に対して逆方向に向かって効いている場合、究極的には「ジグヘッドを定点に止める」
という意識でやる釣り方ですね(°∀°)ノ

実際にはそんなこと無理なんでしょうけど、イメージはそうなんですwww

レンジキープというより、『ここ!!』って決めた空間の一点にジグヘッドを固定させるイメージですw

そこで、昨日はロングロッドのメリットを感じたんですよね〜。

ショートロッドの場合、ロッドを立てながらレンジキープができる最大時間【ジグヘッドを定点に固定できる時間】を「5」とすると

ロングロッドの場合、ジグヘッドを『定点に固定』ができる最大時間は「8〜10」になる

といった感じのメリットであります(°∀°)ノ

???????

すっごくわかりにくいですよねwww

DFR-511の場合、0.6gのジグヘッドをレンジキープするためには意外と早くロッドを立てて行かないとどんどん沈下してしまいます。

しかし、S706uldの場合はその長さゆえ、DFR−511の場合のそれよりかなりゆっくりロッドを立てて、ちょうどレンジキープができるのです。

どうしても「動かさないアジング」をするためには「息継ぎ」ともいえる、『いったんロッドを寝かし直す』という作業が必要となります。

そのタイミングで、ちょっとジグヘッドがブレてしまうため、自動的に食わせのアクションが入るというメリットもあるのですが、ナチュラルドリフトは一旦、そこで打ち切られるというデメリットもそこで発生するわけです。

それが、ロングロッドですと、よりゆっくりとロッドを立てて行くことが可能ですので、『息継ぎ』までの時間を長く取ることができるわけです。

ということは、それだけ「ナチュラルドリフト」の時間を伸ばすことが出来るということですね!

昨日はこれがちょうどハマったという感じだったのですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

潮のヨレを探し出し、そこから「動かさないアジング」で定点にジグヘッドを固定(°∀°)ノ

しばらく固定しとくと・・・・・コツ!!

っと食ってくるw

ですので、出来るだけ長い時間「ジグヘッドを狙いの定点に固定」したかったんです。

それが昨日はロッドの長さゆえ簡単にできたというわけです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

強風時のただ巻きにも強く、昨日、新たなメリットも発見することが出来たロングロッドで遊びたいな〜と思いましてねw

さて、16時半頃一旦仕事の区切りがついたので、30分ほど中央区エリアに寄り道=333

さて、タックル準備だ!!!

ロッド:ソアレCI4+ S706ULS 
リール:ソアレ CI4+ 500S 

ライン:月下美人 ライン タイプ-E 0.2号 
リーダー:銀鱗0,8号 

ジグヘッド:アジメバアーミーフック1.3g・1g
ワーム: ペケリング 2インチ


あれ?? 珍しくアジールじゃないじゃん!!!

・・・・・

なんでかと言いますと・・・・・・

昨日使い掛けのアジールをくっ付けてるジグヘッドを真水で洗い・・・

家にぜーんぶ忘れて来ちゃったΣ(°Д°;)

釣り場でポーチ開けたら、0.8g・1g・1,3gにペケリングとペラリンガーを付けてたジグヘッドしか入ってなかった┐(´ー`)┌

わっははw 失敗失敗wwww

昨日はガーグリップ忘れて、そこらへんで拾ったビニール袋使う羽目になるしw

なんか忘れ物が多いこの頃ですw

ちなみに、今日はロッドも忘れました(°д°|||)

DFR−511も積んで仕事に来てたつもりが、トランク開けたら入って無いという(((°Д°;)))

・・・・・・・・・・

結局、釣り場にエントリーしてみると・・・風そんなに吹いてないし。。。

ま、いいか!

とりあえず、0.8gから探りを入れます・・・・・・

ダメもとで表層・・・カウント5・・・とレンジ入れて行きますが、アタリが出ません。

あれ?? おかしいなぁ。。。。

これボトムべったりなんじゃないかな???

カウント10あたりからやたら強い流れが出ているので、0.8gだとボトムがなかなか取れません。

ってことで、手持ちで一番重たい1.3gのアーミーフックをセット♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

キャスト!!!

・・・・・・やっぱりカウント5程度からぐーっとジグヘッドが流されますね〜。

ラインをちょっとずつ送出しながら、ボトムまでジグヘッドを沈めます。

・・・・・・よし、着底。

ここからボトムのちょっと上あたりでレンジキープしつつ足元まで引いて来ます。

すると・・・・・・ココ・・・グググ!!!

よっしゃ!!!

image

おったおった!!!

ふぅー、意外とすんなり出てくれて良かった(´・ω・` )

ヒットして来たのは立ち位置から3mほど先。

ちょうど潮が反転しているところあたりです。

なるほど、ここに溜まっているのね!

ってことはそんなに遠くにキャストする必要ないし、時間短縮できるな!!

先ほどと違い今度はアンダーキャストで軽くポンと6mほど放り投げ、糸を出しつつボトムへ。

・・・・・・・・・・・

・・・・・

あれ?? 

当たらん????

今度は最初と同様、ちゃんと投げて、ボトムを取ります。

すると、足元3mで・・・・コン!!?

おろ?

やっぱりココで食うのね??

image
 
再びちゃんとキャストし、ボトムちょい上を這わせて来ますと・・・・

image

うーん、食うのはやっぱり手前だけど、どうやら距離をとって来ないと食わない。

なんでだろ??

アジが居るのは6m以上先ってこと???

そこから3m追って来てから食ってるの?????

うーん、わからんw

試しにもう一度下投げでピンポイントに食わせのスポットに入れても・・・・

食わない。。。

けど、ちゃんと飛ばして引いてくると・・・・

image


image

うーん、がっつり食って来ますw

確かに食って来てるところはジグヘッドがフッと軽くなるエリアにちょっと入ったところなんで、そこは納得なんですが、なんでそんなに引きずる距離が必要なのか不明www

もっと追求してみたかったのですが、20分経過したのでここで終了┐(´ー`)┌

とりあえず、アジ5匹キャッチは出来たのでよしとしますか♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

この子も元気に混ざってくれたし♪

今回は、風も強くなかったし、ボトムを引いてくるような釣りになったので、ロングロッドよりもショートロッドでクイックに小さなアタリを獲っていく戦法の方がもっと早く釣果につながったような気がしましたね〜。

湾奥でロングロッドが活きてくるのは、風が強い日や、ただ巻きが有効な時、長くドリフトをさせておく必要がある時ですね〜。

どちらのロッドでも釣れなくはないのですが、あー、ショートがあればなぁ〜と思ったのは確かですねww

これからしばらく、ショートロッドとロングロッドで釣り比べもしていってみますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

せっかく持ってるので使わないともったいないですしね(°∀°)ノ

どのロッドもそれぞれ良いところがあるので、あれこれ使うのは楽しいですね〜。

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 
livedoor プロフィール
こんなのもいかが??
最新記事(画像付)
こんなのもいかがでしょ?
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 引き続き、JH-Special58/TZのインプレ(°∀°)ノ 使い分けが明確になって来ましたわ!
  • 引き続き、JH-Special58/TZのインプレ(°∀°)ノ 使い分けが明確になって来ましたわ!
  • 引き続き、JH-Special58/TZのインプレ(°∀°)ノ 使い分けが明確になって来ましたわ!
  • ジグヘッド単体用、チューブラアジングロッドの特性を考える。特性理解でスランプ脱出♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • ジグヘッド単体用、チューブラアジングロッドの特性を考える。特性理解でスランプ脱出♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • ジグヘッド単体用、チューブラアジングロッドの特性を考える。特性理解でスランプ脱出♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • ジグヘッド単体用、チューブラアジングロッドの特性を考える。特性理解でスランプ脱出♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • DFR-511とJH-Special58/TZを比較。ちょっとしたロッドの性格の差でスランプ突入Σ(°Д°;)
  • DFR-511とJH-Special58/TZを比較。ちょっとしたロッドの性格の差でスランプ突入Σ(°Д°;)
記事検索
知らないエリアで釣りしたい(°∀°)ノシ 安ければ行くのにw
livedoor 天気
クリックで応援いただけると励みになります!
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日常生活だよー。
ブログランキング挑戦中〜♪ クリックで応援お願いします♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
楽天市場からのオススメ! なぜ分かる!?Σ(°Д°;)