こんにちは!

今回は前回の釣行を踏まえて、作戦を練り直しであります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕が通勤で通る、博多湾の福岡市エリアの埠頭周りだと、豆アジのサイズが伸びて無いようで、まだ10〜15cm程度の1年魚が大半┐(´ー`)┌

糸島方面まで足を伸ばせば15〜25cmって話を聞きますけどね〜。

なかなか仕事のついでじゃないと足が向かなくてwww

そこで、とりあえず博多湾奥の埠頭エリアでの豆アジングの今期の傾向と対処法が見えてきたので、それに合わせてアジングの道具を整理し直すことに!

まずはジグヘッドの見直しから!

プチ遠征含めてのアジングなら、いまのアジングアジングスタイルで問題ないのですが、博多湾奥の埠頭アジングに的を絞ると、使わないものが多いんですよね〜。

釣れるアジのサイズ的な問題で、一般的な長さのジグヘッドでは吸い込みが悪すぎて、アシストフックが無いと難しい状況になります┐(´ー`)┌

そして、僕はアシストフックがイマイチ気に入らなくて。。。。。

費用対効果が合わ無いwww

あれってちゃんと機能してるのかな〜?? 回収するたびに、ワームに引っかかってたり、明後日の方向向いてたり? 根掛かりの原因増やしたり??

巻きの釣りなら有効性もわかるんだけど、アジングのようにリフト&フォール等の動きのある釣りには向いて無いような・・・・。

10cmの豆アジでも、ちゃんとフックサイズを合わせれば積極的に掛けに行けますし、一般的なジグヘッドにアシストフックつけるよりよほど釣れますねー。

なので、現状の博多湾奥アジングですと、ダイヤモンドヘッドやブルヘッドはまったく使いません(°∀°)ノ

そもそも僕は理由があって、この手のサイズのフックは特殊な場合しか使いませんのでね〜。

で、上記の理由もあって、基本ショートシャックのジグヘッドしか使いませんが、その中でも色々なジグヘッドがあるわけですよwww

image


僕が持っているジグヘッドだけで行くと、ストリームヘッドアジスタ!S尺ヘッドDXミニアジメバアーミーが今回の博多湾奥の豆アジング攻略のジグヘッドの候補になるわけです\(^o^)/

で、普段「アジング」でメインに使用しているのがアジスタ!S

これは文句なしのジグヘッドですね〜! 大好きですww 金ばりってところも気に入ってるんですが、シャンク長、ゲイプ幅といい、15−25cmのアジを釣るのに丁度ですね。

ヘッドの斜め上にカット面があるので、ジグヘッドの存在も非常にわかりやすいです。

ただ、今湾奥に遊びに来ているアジは10−15cm(°д°|||)

残念! ちょっと懐が広すぎて吸い込みを阻害してしまうですよ。もう少しフック番手が小さいとベストなんですが

そこでアジスタ SSが候補に上がったのですが、実物を見て少々がっかり。。。。。。

なぜがSSサイズだけオープンゲイプではないのですよ(=ω=.)

まーたしかに、豆アジは表層をふわふわただ巻きで釣ることも多いので、わからんでもないですがねー。

でも残念。 こちらの豆アジは沈んでるところをリフト&フォールで掛けるので、早掛け使用のオープンゲイプの方が有利。

ストリームヘッドもいいジグヘッドなのですが、アイが長いせいか、他のジグヘッドとテコの効き方がちょっと違うようで、オートマチックに掛かるメリットの反面、早合わせでバラしが多くてw 

これは僕の癖の問題なので、フックに問題ありませんわ。けどこちらも、アジスタSと同じく懐が広すぎて豆アジには吸い込みずらいようす。

尺ヘッドDXミニについては、オープンゲイプではないので、巻きの釣りにしか使いませんので、アジングには基本的に使わないですね〜。

そして、アジメバアーミー結果から言うと、今の湾奥攻略ならこれだけでOK!

ぱっと見、ちょっと眠っている針に見えますが、実は針先だけがちょんと外側を向いてまして、オープンゲイプの要素も持っているんですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 

そして#14という10−15cmの豆アジの口にピッタリサイズのフックサイズ!

普段ならばフックサイズが小さすぎて、ワームから出る針の長さの問題で、使用するワームが限られるので出番が少ないんですがね

今の湾奥にはピッタリ! ただ、セット??で売られているマイクロワームについては微妙www

小さすぎてアピール力ないので、濁ってたりするとお手上げw ワームは普通のサイズを使った方がいいですね〜。

フックサイズが小さいのでワームをつけるのにコツがありますがね。

ワームの芯にフックを通すと、ほとんど針先が出ませんので、ワームの表面を縫うように装着してちゃんと針先がワームからでるようにつけた方がいいです。

一番下がアジメバアーミー。ワームにつけるとそんなに小さいフックには見えないでしょ??

image

問題としては重さの展開が、0,2g 0,4g 0,6gしかないので、キャロ、スプリットがメインとなることかな?

現状ですと、ある程度ボトムでの釣りを展開する必要がありますので、キャロを使う方が効率良くゲーム展開ができますので、問題ってことでもないですねww

僕は自作の0,5〜1号のキャロに、潮の流れに応じて、0,2gか0,4gのアジメバアーミーを装着ですね!

効率だけを考えると、キャロにアジメバアーミー0,2gをオススメして終わりでいいんですが、やっぱりジグヘッド単体でのゲームもしたいですもんねぇ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そこで、オススメなのが、アジメバアーミーフック♯14

これはアジメバアーミーのフックのみの販売! 9本入って290円だからお得ですねw

これに好きなサイズのガン玉を噛ませれば、自作アジメバアーミーの出来上がり!


image

ガン玉を下の方につけるのがコツです! アイが隠れないようにするためには必然的にガン玉の位置が下がるとは思うんですが、ワームをつけた時のバランスも考えて、ガン玉は下の方がアジメバアーミーに関しては絶対いいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ジグヘッドのヘッドの役割は重りだけではなく、後ろのワームにスムーズな水流を送る仕事もこなしてると思うんです。

なので、ヘッドの後ろにきっちりワームの頭のシルエットが隠れる方が良いですね〜。

アジメバアーミーはフックが#14と本当に小さいので、ボリュームのあるワームは一見使えません。

しかし、ヘッドを下気味につけて自作すれば、アジアダー程度のボリュームのワームが自然に使えます。

image

写真だとわかりやすいと思うんですが、ワームのキワを縫ってジグヘッドを付けています。

フックがワームの芯を通ってないのがわかりますかね〜??

でもガン玉の位置が低くなってるため、全体のバランスは取れてるでしょ!

超ショートシャンクですので、どこから吸われてもワームは自在に折れ曲がりますので、フックが口の中まで運ばれる可能性が上がります!

これが今期の僕の博多湾通勤路アジングのおすすめジグヘッドであります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

フックが小さいからといって小さいワームは使いません。状況によってサイズは落としていきますが、基本は普通のサイズのジグヘッドと同じ感覚で使いますね〜。

そして、これが通勤路アジングに特化したアジングスタイルww

全部アジメバアーミーフックにガン玉打ったものと、カブラ、ドライフライで構成!

はやくライズしてくれ〜ww テンカラ竿も持ち歩いてるのに〜┐(´ー`)┌

image

ケースの裏はワームとキャロ3種類だけw

image

小物として、ジグヘッドをすぐに現場で追加自作できるようにガン玉! あとはキャロ用の小物だけ!

image

たったケース二つに全部まとまってしまった・・・・・・・・・。

ワームも一個でも構わんですけどねw 切って長さ調整するだけでいいんでwww

これだけもって、昨晩も帰りに箱崎埠頭行ってアジ釣ってまいりました!

image

詳しくは今晩にでも書きますw 帰り道に釣り場に寄ったら明日の早朝になるかもww

これだけに道具絞ってもなんの問題もなく釣れましたよ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪




 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪