こんにちは!

前回の釣行で、ヒイカエギングを初体験しまして、すっかり味をしめちゃった僕ですww

エギングってものすごく難易度が高いと勝手に思い込んで、ずーと避けてたんですが、ライトタックルでできるヒイカであればアジングと感覚的にはほとんど変わら無いですね〜。

ジグヘッドと違い、重量の割に表面積が大きなエギでありますので、潮流の影響を受けやすいこと、沈下速度が遅いことなど、ジグヘッドやキャロとは少し勝手が違うところもありましたが、慣れてしまいさえすれば大きな障壁があるわけではないですね!

エギの沈下速度と、しゃくったときのアクション幅さえつかめれば簡単ですね\(^o^)/

そうそう、ヒイカエギングであれば、PEラインよりも比重の重いピンキー0.4号 があたりが使いやすいですね(°∀°)ノシ

こちらの方がテンションフォールとフリーフォールの中間、ナチュラルフォール時のあたりが取りやすく、0.4号もあれば強度的にもまったく問題ありませんしね〜。

そして、前回の釣行の途中で思いついたことがひとつww

エギの特徴を考えてみると、先ほど書いたように「重さの割にゆっくり落ちる」「潮流の影響を受ける」

あとは「しゃくるとダートする」「レンジキープが簡単」。

んー、これダウンショットの重りとしても有効なんじゃ?

以前呼子でダウンショットアジングを楽しんだ時は、重りとしてスプーンを使用しましたが、そのスプーンを使用した理由が「沈下速度を抑えたい」「底の潮流を把握したい」ってところでしたもんね。

じゃー、エギはもってこいなんじゃないかな〜?

ヒイカといっしょにアジ・メバルもゲットしちゃおう♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ってことで早速「エギダウンショットアジング」の仕掛けを作ってみることに。

まずは3.5ノットで道糸にリーダーを付けるところからスタート!

1、道糸(緑)とリーダー(白)を重ねます。
image

2、重ねたラインでくるっと輪っかをひとつ作ります。
image


3、この輪っかの中に、リーダーと道糸を3回くぐらせます。
  3.5ノットの「3」の部分w
image

image


4、仕上げに、道糸(緑)だけをもう一度輪っかにくぐらせます。

image


5、リーダより道糸の方が一回多く輪っかをくぐってますか〜? 
  これが0.5の部分かなwww
  そして、ゆっくりと締め込めば「3.5ノット」完成!


ここからが、エギダウンショットアジング仕掛けですわwww

6、ラインを切るのは道糸側のみ!!!
  リーダーが2本出ている状態にしときます。

image

7、普通「残す部分」のリーダにエギを結び、普通だと「切られる部分」にノーシンカーのジグヘッドを結んで「エギダウンショットアジング」仕掛けの完成♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

はい、こんな感じの仕掛けを現場でささっと作りまして、釣行開始であります♪

今回も通勤路アジングでございますので、釣り場は通り道の東浜の船溜りエリアに深夜からエントリーでございますw

今回も風が弱いでし、細かく探りたいので、ロッドはもちろんショートロッドのアジングプレミアム・AJPR-56Sをチョイス!

ラインは僕は細いのに慣れているので、ピンキー0.3号を使います。

リーダーは今回はフロロカーボンの1号を使用。 

枝ハリスがある程度しっかりしといてほしいので、この選択ですね!

エギは1.6号 レッドヘッド &1.6号ゴールドを使用。

ジグヘッドはフロートリガー#12 に、ヴィクトリーをセット。

枝ハリスの長さは10cm程度。

さーて、これをまずは常夜灯に照らされてるエリアの外側までキャスト!!

うーん、AJPR-56S、やっぱこのロッドはいいですねー。

1,6号のエギにも負けないパワーを持ってますなー。

なのにティップは繊細なんですからww

はい、ボトム到着。

まずはダート幅は少なく、エギがお辞儀する程度のしゃくりでボトムをトレースしましょ!

ちょんちょんちょん・・・・・ちょんちょんちょん・・・・・ツっ!!?

よっし!!! これはアジの当たりやろ??♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

エギダウンショットアジングの一発目はアジかな????

IMG_5912

はい良型のアジ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 綺麗な魚体ですねー♫

アジングシーズン終盤ではありますが、まだ頑張れそうですねww

さー、次は何が出るかな〜wwww

キャストー!! 

はいボトム着底・・・・・すっ??

ん?途中でテンションがゆるくなったな??

ロッドを立てますと・・・・・! うししwww

乗ってますねーw

IMG_5914

エギダウンショットアジング楽しいですね〜wwww

思った通り、イカもアジも普通に釣れますやんww

前回、エギをテンションフォールさせてる時に、Sキャリーとそっくりやなーって思ったんですよねー。
そしてフリーフォールにした途端、沈下速度が倍加したので、これはアジングに向いてるって思ったんですわ!

さーて、キャストキャストww

ボトムから・・・ちょんちょんちょん・・・・ちょんちょんちょん・・・・ぐぅー!?

よっしゃ!!

IMG_5915

今度もヒイカちゃんw 結構大きいんですね(°∀°)ノシ

ヒイカって親指くらいと思ってましたが、意外と大きいし、掛けた後にグッと引くんですねぇ。

楽しいwww

ここで当たりがなくなったので、レンジを少し上げてみることに。

ちょんちょんちょんちょん・・・・・ちょんちょんちょん・・・・ちょんちょん・・・・フッ!!

よーし! これもヒイカかな??

IMG_5916

ヒイカは飽きないくらいに釣れてくれますね〜ww

今度は同じレンジで・・・・・・・ツっ!!

これはアジですねww

IMG_5917

再び同レンジで、ダート幅を広く取ってみると・・・

ちょーんちょーんちょーん・・・・・・ちょーんちょーんちょーん・・・・・・ゴツ!

IMG_5918

おー、またもやアジでありましたかwww

どちらがつれても、美味しいし、楽しいですので、エギダウンショットアジングは良いですな〜w

まー、アジだけ狙うのであればジグヘッド単体の方がもっともっと繊細に行けるので数がとれそうですが、このところ群れが小さいのか、そもそも入ってきている数が減っているのか、当たらない時間が長いですもんね〜。

そんな時はこの仕掛けの方が楽しいかもww

途中で、ワームにヒイカの当たりが集中することがありましたが、合わせを強めに入れると、ジグヘッド部分でもヒイカ釣れましたwwwww

あんまりジグヘッドに当たりが集中するようなだと、フックを外してしまえばいいだけですもんね!

枝ハリスは飛び出たままで問題ないですよw

僕も途中で一回ジグヘッドを外しましたw で、ヒイカの当たりが減ったらすぐにまたジグヘッドを装着して、ヒイカと小魚狙いの二本立て\(^o^)/

今回は、結局2時間やらない程度で、アジが3匹、ヒイカ17匹、小メバル5匹が釣れましたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

まだヒイカエギング2回目の挑戦でしたけど、ぼちぼちの釣果に恵まれましたわ!

やっぱりライトゲームってある程度要素が同じなんですねー。

全く同じ誘い方で、アジもヒイカもメバルも釣れてしまいます♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

獲物の付く場所の把握とレンジのキープ! 

これがライトゲームのコツだと思うんですけど、どーなんでしょうねw

さーて、次の釣行もエギダウンショットアジングにするかな〜??

それとも新しいリグでも考えてみるかな〜。

ぼんやり新しい面白リグが頭に浮かんでるんですが、デメリットを打ち消す手段がまだ浮かばないんですよねぇ。うーん、悩む悩むw



 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪