こんにちは!

昨日は嬉しいコメントが来ましたわ♪

前回お会いしたお兄さん、僕が帰った後アジ沢山釣れたようですわ!!

ちょろっとでも役に立てたなら嬉しいなぁ〜\(^o^)/

もっと簡単に誰でも釣れる技術やリグを考えて行きたいですわ〜!

さて、今回は前回の続きとなる、土曜日の釣行であります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

本日の目的は、友人であるF氏のニューロッドGRF−TE68の鱗付けが目的であります!

 TE68は僕も長く使っているロッドですので、今回はガイドしやすいであります!

たまに、釣場で話しかけられまして、「このロッド使って見てくだい!どんな感じですか!?いいロッドですか??」と聞かれることがあるのですが、これが答えにくいんですよねぇwww

僕はどちらかと言いますと、鈍臭い人なので、道具に馴染むのにもすごく時間がかかるのですよ(°д°|||)

正直に言いますと、どのロッドも最初は全部すごく使いにくいですwww

このところデイもナイトもジグヘッド単体ゲームを楽しむことが多いのですが、「動かさないアジング」というのが僕の中でトレンドなんですよ。

しゃくりアクションは入れるのですが、上下に跳ねさせてアピールするたことを目的としているわけではないのですよ(°∀°)ノ

ジグヘッドの位置を確認する為と、レンジを調節する為にやっているだけなんですわ〜。

DFR−511
を手にいれてから、「動かさないアジング」の有効性に気がついたんですよねぇ。

動かしたくても動いてなかったんですよw 思ったほどw

でも、どこにいっても今までよりも確実に数が伸びていますので、良いなぁーと。

これが、ロッドの硬さが変わりますとなかなか難しいのですよ(°д°|||)

僕の持っているロッドだと、ある程度思い通りに操作できるので、CI4+アジングS704LSみたいな張りの強いロッドでも「動かさないアジング」が全く問題なくできるのですが、借り物のロッドですとどうにも・・・・。

リールとのバランスの問題もありますし、3釣行くらい貸していただければある程度評価もできますけどww

ってなわけで、TE68なら2年以上の付き合いなので問題無し♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

テイストとしても、DFR−511の高強度版といった感じですので、「動かさないアジング」が非常にやりやすいですわ\(^o^)/

しかし、ここで小さな問題がww

行きがけに寄ったお店で、アーミーフック♯14が品切れ。。。。

おーう、参ったなぁ<(TдT)>

よく欠品する商品ではあったのですが、今日無いのかぁ。。。 

事務所にはまだガン玉付けてないフックが5袋くらいあるのだけど、手持ちは無かったんですよねぇ。
 
仕方なくF氏には手持ちのフックでやって頂くことに。

かなり沢山の種類のジグヘッドをお持ちでしたが、その中で気になったフックが一つ\(^o^)/

初めて見たのですが、クレイジグ波動アジ0.8gってフックですね。

超早駆け仕様のフック形状で、底面で潮を受けてフォールを遅くする効果もありそう!

引き抵抗も強そうな形状なのでやりやすそうですね〜!

ってことで、こちらを使っていただくことに!

さて、今回は僕はガイドなので、最初の一匹を探して、攻略パターンを考えて伝えるのがお仕事ですわww

以前の様に一箇所から短時間で50匹位取れる状況ではなくなっている様なので、ランガンも必要ですもんね。

でも、前回の下見があるので、大体の攻める場所の目安は立ってますわ!

F氏が雑誌や釣具店で得た情報によると、TE68はフロロ用に開発されたからエステルは相性が悪く、フロロかPEが相性が良いとのこと。

ん??と思いながらも、やっぱり自分が自信を持ってやれるタックル設定が一番かなと思い、PEラインを準備されてるのを観てました(°∀°)ノ

で、実際に釣りを開始しますとアタリが分からないとの事。

気が付いたらアジが引っ張ってて、途中で外れているもよう。

釣り具屋さんからはTE68は2回合わせないといけないと言われていたのを忘れてたとの事。。

ん??そんな事ないけどなぁ。

僕は作った人じゃ無いから分かりませんが、まずフロロもエステルも単繊維素材だからガイドに対する摩擦はそんなに変わらないと思いますので、フロロ専用という事は無いと思うんですよ。

確かにフロロは巻き癖が酷いから、おそらくダイワですと2500番あたりのスプール径の使用も視野に入れてのガイド設定になってるのかなーとは思いますけど。

しかし、だからといってエステルが使えないと言う事はないと思います。

それに2回合わせないといけないロッドという訳ではないですw 

スイープに糸ふけとるだけでガッツリフッキング決まります\(^o^)/

僕はずーっとTE68でもエステルですけど、何も不自由感じた事ないし、抜けアタリも取れますわ(°∀°)ノ

恐らく、2回フッキングというのも、軽量ジグヘッドでPEラインを使用した時に、ラインテンションのコントロールが上手く出来ず、糸ふけが多すぎてフッキング出来て無いときの話じゃ無いかなぁ。

ティップが柔らかいからといって、フッキングが弱い訳ではないです。

むしろパツンパツンのロッドより深く飲み込んでいる事が多いので、フックを口の中で滑らせるだけでフッキングされます。

諸々考えると、今アタリが取れない&バラシが多い現象は、エステルかフロロを使えば解決することばかりなので、僕のピンキー0.3号を使って頂くことに。
 
そうしますと途端にアタリも取れる様になられ、潮の流れを感じながら数を伸ばして行かれます\(^o^)/

今日はちょっと風が強く当たるので、PEの苦手な海の状況ですもんねぇ。

やはり、その場所に応じたタックル設定というのは大事ですね!

実際に『自分の使い方』で使って見て、その上でバランスを考えていかないと、頭の中で先行した『情報』のせいで「良いもの」の「良さ」に気がつけないこともあるかもしれないですし(°∀°)ノ

途中、僕もクレイジグ波動AJIの1gをお借りしてやって観ましたが、表層でも中層でもボトムでも良く掛かりますわ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

15cm切ってる様なサイズもパクリw
 

もちろん『動かさないとアジング』での展開ですわ!

このフックデザイン好きだな〜。

今のサイズのアジと対峙するならアジメバアーミーフックと比べても遜色ないですね!

潮位は低く、シャローエリアではボトムが見えそうなくらい潮が引いてますけど、二人でアジ散歩しながらボトムを中心に攻めて回りましたわw

足元付近には15cmを切る豆アジが表層付近にまで寄ってきてますが、常夜灯の薄いエリアで潮があたり、ベイトが寄っているところでは18cmくらいの体高のある個体が寄っていましたわ(°∀°)ノ

ただ、こちらのサイズの個体は、表層付近に集まったベイトを捕食する為と思われますが、中層に集まっているため、レンジコントロールが大事になりますね〜。

カーブフォールで当たりが出るレンジまでジグヘッドを沈め、当たりが出たらそこから2回ほどしゃくり上げレンジを合わせ、あとはふわふわと巻いてくるか、昨日のようにロッドを立ててくるだけの攻め方をしていれば攻略できますね!

ただ、ちょろちょろ横方向に移動しますので厄介ですね(´・ω・` )

といってもデイゲームの20cmオーバークラスと違い、狭い範囲の移動なので、 数分でまた戻ってきて釣れ出しますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そうそう、タンカー周りでは、昨日と同じ猫ちゃんが僕たちの周りに4匹も集まって来て、『アジちょうだい』と催促して来ますww


ここから猫ちゃんの為のアジングスタートですねw

10匹ばっかりお裾分けww

飼い猫みたいですねぇ。缶詰もあったし、毛並みも綺麗だし(°∀°)ノ

まーそんなこんなで、F氏との釣行は無事終了!

アジングはまだ数回しか経験のないF氏ですが、渓流での釣りや船での釣りの経験は豊富な方なので、あっというまにアジ釣れるようになっちゃいましたねぇw

IMG_8901

釣り終わった後も、ライトゲーム論で盛り上がって、結局深夜3時過ぎまでずーっと釣りの話ししてましたわ〜。

釣りの話は何時間しても終わらないですねww

今回はものすごく久しぶりに、自作以外のフックを使わせて頂いたのですが、新鮮ですね〜♪

超早掛け仕様面白いなぁ〜\(^o^)/

しかし、ずーと自分が使ってた道具が欠品続きとなると不安になりますわ〜(°д°|||)

このまま廃盤になったらどうしよう〜みたいなw

ってことで、ぼちぼち違うフックを使った自作のアジングフックを予備で作ることにいたしました!

好みの形状というのはもう決まっているので、あとはフック探しですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジングの自作用フックってなかなか好みのものが無いんですよねぇ。

今のところアジング用と銘打ってあるもので、好きなものは、

アジメバアーミーフック♯14


レンジクロスフック S

ですね!

レンジクロスフックSはリリースされた時すごく嬉しかったな〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

やっと自作用のフックでオープンゲイプのフックが出た!!ってw

1.2gより重たいジグヘッドはレンジクロスフックSで作ってます。

さて、今回作る予定のジグヘッドはショートシャンクの超早掛け仕様のものですが、うまくいくことやらww


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪