こんにちは!

今回は久々に、アジングで使用しているメインラインを違うものに変えてみました♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

別に、ピンキー 0.2号に不満があったから変える訳ではなく、いつものお店で使ってみてよ!って言われたので、試してみるかな〜ってww

お値段も安かったので、二つ返事でOK♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そのラインの名前は、ルミナシャイン0.2号

image

もちろんエステルラインでございます。

店長さんが言うには、ラインに集光塗料が施してあって、夜でも視認性が高いラインなんだそうな!

僕の場合基本的に、ナイトゲームではキャストした後は、ラインは見ずに、あさってな方向を見たり、目をつぶったりしてアジングしますので、ラインの視認性は関係ないのですけどね〜。

不器用な僕は、見えにくいラインを見る事に集中するくらいなら、地面の一点を見てた方がアタリに集中できますので(°∀°)ノ

僕がアジングしているところを見た方は、「あーね」って思われるんじゃないですかねww

落ち込んでる訳じゃないですけど、いつも下向いたり横向いたりしてアジングしてますもんねw

しかし、デイゲームではラインがよく見えますので、しっかりラインを見ながら釣りします。

前回のデイゲームのように「オールテンションフリー」のような釣法をする場合、ラインが見える見えないでかなり差が出ますもんね〜。

なので、ナイトゲームでもはっきり見えるラインであれば、それは武器になりますもんなぁ。

うっすら見える程度なら、見えないのと同じなので僕の場合必要ないですけどww

とりあえず、リールに巻き巻き!

image

巻いててちょっと思ったのですが、エステルラインにしては粘るような気がしましたわ。

まだ実釣で使用してないのでなんともなんですが、巻いてる最中の糸の張りといいますか、その辺りがピンキーより粘る感じですね。

それが、伸縮率の問題なのか、強度差なのかはまだわかりませんけど。

ラインが伸びる事自体については、僕は悪いことではないと思ってますので、もしもアタリの伝達率が高いのであれば、むしろ伸びないより少々伸びた方が好きかもww

理論的には伸びない方が情報伝達率が高いそうなので、伸びないライン(エステル)をチョイスしてますけど!

エステルと同じ情報伝達率のナイロンが出たら、多分僕はすぐナイロンに変えてドラグをもうちょっと締め込んでロッドを曲げるアジングを楽しむと思いますww

個人的な意見なのであれなんですけど、0.2号エステルのドラグ緩々のアジングって、ロッドの性能を本当に100%出してるのかな〜って疑問は常にあったのでw

アタリをとって掛けるまでは100%能力を使ってると思うのですが、その後のやりとりは??

ドラグが緩々ですと、ロッドが曲がる前にラインが出ちゃうので、ロッドの『溜め』の能力や『浮かす能力』を発揮する前にドラグの処理能力の方が魚の引きに対してカバーに入っちゃいますもんね。

ラインが細くなればなるほどその傾向は強くなりますよね。切れるの早いので。

ラインを太くすれば、ドラグをもっと締め込めるので、ロッドの曲がりを楽しめるようになりますけど・・・・・ラインが太くなればなるほど、表面積が増えるので潮や風の影響を受けやすくなり、軽量ジグヘッドの操作感はさがちゃう・・・・。

うーん、もどかしいww

その点、延べ竿ってドラグがないので、竿自体のスペックをフル活用して魚を寄せてくるので大好きなんですよねぇ〜。

その辺りの僕の趣向とぴったりなロッドがDFR−511なんですねw

全体的にマイルドなので、他のロッドを使用するときよりドラグを締め込めますもんねぇ。

瞬発的な魚の引きもロッドがカバーしてくれますので、ライン強度ギリギリちょい前のドラグ設定でも不安なくゲームできますしね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

キャストからキャッチまでずーっと楽しいアジングが出来ますわ!

あ、話が壮絶にずれました(°д°|||)

えーっと。

表記上の差でいきますと、同じ0.2号のエステルラインなのですが、

ピンキーは0.9lb

ルミナシャインは1.1lb

ってことで、ルミナの方がピンキーより重たいものをぶら下げれるってことですね。

ちゅーても、この0.2lbってどんなもんでしょ?? 全然ピンときませーんw

ちゅーことでグラムで比較してみますと。

ピンキー0.2号 → 408.2g

ルミナ 0.2号 → 498.9g

おー、90gの強度差なんですな。

そう考えると結構な差がありますなー。

1gのジグヘッド90個分の差ですね!って余計わかりにくいわっΣ(°Д°;)

まー、細さが一緒で強いのならそれにこした事はないですもんね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

実釣で使うのが楽しみですわ!!

気になるのは魚から見たとき、その「見易さ」がどうなのかですね。

僕がずーっとアジングでピンキーを使っているのは、『人間には見やすく』『魚からは見えにくい色』という文句だったからですw

ルミナシャインの場合、『集光=人間には見やすい』はうたってますけど、『魚から見えにくい等』の情報は僕が見た限り載ってないようなので、そこが気になります。。。

糸が蛍光塗料みたいに直接光る訳ではないようなので、大丈夫なんだろ〜なーとは思いますけど!

一回使ってから日記に書こうかと思いましたが、使う前のイメージと、使った後のイメージの差が記録で残ってるとおもしろいかなーっと思ってメモ日記を書きましたわww

今回はライン以外にもワームも一つお買い上げ(°∀°)ノ フッコ&良型メバル用ですわ!


image

レインズ アジマタシャッドってやつです。

二股のテールが良さそうと思って買いましたが、アジング使用にはボディーの太さが気になりますね。

ロングシャンクのジグヘッド使用時には問題なさそうですが、超ショートシャンクのポケフックだと、フックの出てくるポイント(魚が食った時に曲がる起点)がボディーの太いところになっちゃうので、ショートシャンクの利点がちょっと潰れちゃうかもと不安があります。

リブも入っていないので、アジリンガーヴィクトリー に比べると、圧倒的に曲がりません(°д°|||)

カットして使用するにも、ボディーが元から太いので、0.4gなどのジグヘッドだと、ボディーがヘッドより大きくなり、 ワームもずれやすくカット使用は向いてないと思いますわ。

超ショートにカットすれば良いですけどww

とりあえず、今後もアジング用の二股テールワームはアジリンガーヴィクトリーでいく予定です(°∀°)ノ

さーて、本日は雨ですけどどこかで釣りに出れるタイミングがないもんかなぁ。

はやくルミナシャインを試してみたいですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪


 にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪