こんにちは!

今年はクリスマスイブ前日に、うちの長男がセキセイインコの雛を2匹もらって来まして、給餌に追われドタバタの毎日でありますww

2〜3時間おきに給餌が必要なので、なかなか家を空けられない(((°Д°;)))

昨日から、息子たちに任せてもちゃんとお世話できるようになりましたので、今日は安心して仕事に行って参りました(°∀°)ノ

もちろん、ついでの空き時間デイアジングもww

いやー、流石冬、風強いですね└(°3°)┘

釣り用に使ってるアプリ、海快晴によると、風速11mですってww

そんな事ないやろ〜と思いつつ、カモメ広場へ向かい、車から降りますとドアが重たい(((°Д°;)))

うーん、風すごすぎますね。。。。

ポリバケツの蓋が転がって来てますねぇ。

どーしましょw

ロッドもDFR-511一本しか積んでおらず、リグもジグヘッドとプラグしかな〜い。

でも、アジ食べたいw

よし、やれる範囲でなんとかしてみましょ!!

さて、この強風だと流石に正面から風を受けるとゲームになりません└(°3°)┘

かと言って、背中から受けるのも、ベイトの寄りを考えると違うと思われます。

ある程度までの風なら、正面から風を受ける所にエントリーするんですがね〜。

ちゅーことで、ほぼ横から風を受けるポイントを探すことに!

出来れば、微妙に向かい風になる程度の横風を受けたいww

よし、風を探しにアジ散歩スタート!!

うお!発泡スチロールの箱が飛んで来て海に落ちたww

帰ろうかなぁΣ(°Д°;)

ぐるーっと周りまして、なんとか斜め横から風を受けらる場所発見!!

屈めば、港に繋がれている船が風除けになってくれるので、なんとかゲーム出来そうです。

さて、最初は強風対策で、久々にダブルジグショットで様子みますか!!

下は1.85gのジグヘッド、上は0.2gのジグヘッドで参ります(°∀°)ノ

下のフックにはペラリンガー、上のフックにはアジアダーを装備。

ボトム付近を這う多毛類と、ボトム付近を漂うアミをイメージしてこの選択ですわ(°∀°)ノ 

これで釣れてくれれば楽なんだけどなぁ。

ボトムに張り付いてるならこれで攻略出来るはずですな!

まずは船下に送り込むコースで攻めてみましょ!

キャスト〜!!

強風の為、ロッドティップを海面付近まで下げながら、ラインを送って行きます。

うーん、微妙やなぁ。 

ジグヘッド重たいからあまり送り込めてないなぁ└(°3°)┘

ちゃんと船下に入っていったかな??

少々不安に思いながらも、無事着底ww

さーて、ここからボトム付近でシェイクを入れながら船の側面を引いてきますと・・・・・グ!!

よっしゃ!! 2投目でゲット♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

上のフックを食ってきましたね〜。

しかし、この後がなかなか掛からない・・・・・。

5投ほど投げたところで、一度だけカウント5のレンジでアタリが!!

しかし、フックアウト(((°Д°;)))

うーん、さっきも上のふわふわ漂っていたと思われる、潮受け用の0.2gジグヘッドに食ってきましたので、もっとドリフトさせるような見せ方をすると食うかもなぁ。

でも、この強風下でどうしたもんかな。

1.85gのジグヘッドですと、ラインが吹き上がることなくゲームできるのですが、1g以下となるとラインが風で吹き上がり、ジグヘッドが沈まずに横に流されるだけになり、ボトムに落ちなくなりそうです。

よし、ここはこの強風を味方につける方法を考えよう!!

先ほど1.85gのジグヘッドでカウント5でアタリが出たので、ボトムを攻める必要はなさそうで。

ってことで、このレンジをドリフトさせることを考えれば良いわけですな(°∀°)ノ

先ほどまでは、強風のため、ラインが吹き上がり、下に沈もうとするジグヘッドをラインが上に引っ張り、ボトムが取れずに流され続けることをマイナスに捉えてましたが、この『均衡』がとれるレンジが『狙いのレンジ』になるようにジグヘッドの重さを調整できれば、この強風が味方になりますね!

ちゅーことで、あたりの出るレンジに止まるジグヘッドの重さを探し出します。

基準点がまず欲しかったので、1gから様子見ましょ。

すると、カウント20以降沈むこともなく、一定のラインの膨らみを残して定位してますね。

なるほど・・・・と思ってますと・・・・・コン!!


image


おろ??

食ってきた♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

再現性はあるのかな??

再びキャスト!!

ある程度ラインを孕ませた状態をキープしつつ、ジグヘッドを落としていきます。。。。

やっぱり、カウント20程度でジグヘッドは定位してるようです。

ボトムについてる事はないカウントなんですが、ラインがここで止まってしまいます。

・・・・・・・コン!

image


ほら来た♪

これはラインの調整が難しくはあるけど、適度な難易度と再現性ですごく面白いなぁ。

面倒ですけどww

ラインがこの程度〜もうすこし膨れる程度を維持しつつ、はらみ幅に合わせてラインを出し入れしながらジグヘッドを送り込んでいきます。

image

今後は「ラインドリフト」とでも呼ぶことにしときましょうかねぇww

このラインが急速に貼ったり、より弛んだり、横に走ったりしたものがアタリですね。

一応風に押されることで、ある程度テンションがかっているせいかもしれませんが、コン!というあたりも手元まで届くこともしばしばです(°∀°)ノ

前回の「オールテンションフリー」はラインの自重を利用したタルミを利用して、最低限のアタリ伝達を確保してましたが、今回は「自重」の代わりに「風力」を利用ですね!

キャストー!!

送り送り・・・・・・カウント16・コン!!

よっしゃ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

潮に同調しているせいか、全て食い込みが深いですねww

ジグヘッドを外すのも面倒であります┐(´ー`)┌

いつものように3回ハズレを引いたら、別のところにキャストするを繰り返すのですが、同じ位置からキャストするにしても、随分と風当たり、潮アタリが違うようで、均衡が取れて定位するポジションが違いますね。

このラインドリフト釣法、広範囲で同じレンジを探るというのが非常に難しいですww

カウントは同じ数とったとしても、攻めている深さはかなり違ってる気がしますね〜。

しばらくはカウント20程度のレンジで釣れてましたが、アタリストップ。

レンジの探り直しですなww

少し潮の流れも強くなってきたようで、ジグヘッドの海中での移動幅も大きくなってきてますわ。

この流れの中が怪しいなぁw

先ほどキャストしていたところより、少々手前なのですが、そこをカウント取りながらラインドリフトで攻めますと、カウント10のレンジで・・・・・コン!!!

image

こちらも丸呑みですねw

再びキャストしますと・・・・・・・・カウント12で・・・コン!!

どうやら少々浮いてきているようですね!

結局こんなペースで、40分程度で順調に10匹ゲット!

あと1時間くらい粘れば、夕まずめに掛かるので数が伸ばせるような気もしましたが、事務所にもどらにゃならんので、あえなくここで納竿w

この時期にもかかわらず、まだアジがコンスタントに釣れるので、港湾の管理人のじいちゃん達も驚いてましたわ。

今年は本当に水温が高いんでしょうねぇ。

ありがたがって良いもんだかわかりませんが、アジングが長く楽しめるのはすごく嬉しいですわ!

そして、今回は強風もある程度克服できる、ラインドリフトアジングを思いついたのが大収穫でしたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

でも、ちょうど良いところに船着場があってくれたから成立したゲーム展開なので、強風克服とまでは言えませんけどねww

船自体が防風壁になってくれてたので。

そして、デイゲームでラインがよく見えていたから出来たというのもありますのでね(°∀°)ノシ

これがナイトアジングだったら・・・・。うーん、難しかったかもw

ただ、風を利用しつつジグヘッドをドリフト&定位させる、ラインドリフト釣法は今後も色々と応用も効きそうですので、しっかり記憶しとこうと思いますわ!

オールテンションフリー釣法を最近やってなかったら、今回は頭の切り替ができず思いつかなかったでしょうね〜。

オールテンションフリーもアジングの基本の一つとして知っておいた方が良いのかもしれませんねぇ。

今シーズンのアジングは、新たな武器として「動かさないアジング」「オールテンションフリー」「ラインドリフト」「ダブルキャロリグ」「ダブルジグショット」を覚えたので、また戦えるフィールドも増えたような気がしますわ!

あとはこのあたりには無い「デープエリア」でのアジングを覚えたいですわ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

さ、年の瀬も迫ってまいりましたが、あと何回釣りに出られるかなぁ〜??

少なくともあと一回は釣りに行きたいですわ!!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ

にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪