こんにちは!!

昨日は息子たちも始業式(°∀°)ノ

ついに学校始まっちゃいましたねww

 宿題なんとか全部間に合ったようですわ!!

仕事一旦切り上げて、晩飯を食べに自宅に戻りますと、息子が急にアジング行きたいと言い出しましてwww

え!?

このところ、釣りには誘っても着いてこなかったのにね〜w

なんの心境の変化かわかりませんが、せっかくなのでちょっとだけ「かもめ広場」に連れていく事にしましたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ブランクかなりあるからどうなんでしょうな〜。

日記に書いてないところで、ハゼクランク、フッコゲームは息子の友人も連れてたまに行ってましたが、アジングはかなり久々なんじゃないかな? 


とりあえず、タックル選びからスタート。


どれつかうね〜??

AJING−PREMIUM 56S 

DFR-511

PSR-60

GRF-TE68 usemouth

全部釣り場に持ち込み、ルミナシャイン0.2号にジグヘッド1gをつけて付けて、好みの感覚のものを使わせる事にしましたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

結果、気に入ったのはPSRー60でありました(°∀°)ノ

AJING-PREMIUM56sと相当悩んでましたけどねぇ〜。

さて、釣行開始であります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

まずはアジ散歩で流れのあるところを探さないといけませんね〜。

僕はいつもの通り、DFR-511に、ルミナシャイン0.2号の組み合わせで参ります。

ぼちぼちメバルも意識し出しましたので、反転バイトにも備えてポケフックではなく、アーミーフック♯14の0.75gでまいります。

ワームは潮受けの良さと、アピール力、吸い込みやすさを考慮してペラリンガー

フックに対する僕の考え方はこんな感じですww

するとほどなくして、途中からフッとジグヘッドの存在が消えるエリア発見。

手前にぐっと潮が押してきているポイントのようです。

うーん、場所はここでいいけど、手前に押す潮に正面からキャストしてもやりにくいもんな〜。

てことで、立ち位置をずらして、斜め前にキャストすることに。

こうすれば横にドリフトさせながらの釣りができるので楽ですねwww

まずは1匹探し当てるまで、息子には後ろで観察してもらう事に(°∀°)ノ

キャスト後、カウント25まで落として、ロッドを立てつつのレンジキープ。

今回も「動かさないアジング」でまずは潮目をサーチですね。

ロッドを4回立て直すところで、ぐーっとジグヘッドがす〜っと軽くなります。

どうやらここが狙い目のようです。

ここに長くジグヘッドを留めておきたいので、2回シェイク、ロッドティップを下げながら少しジグヘッドを流す。

また2回シェイク、ロッドティップを下げながらジグヘッドを流す。

・・・・・コン!!

image

よしよし、居りましたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

再現性はありますかな??

キャスト!

カウント25、ロッドを立てながらレンジキープ

ジグヘッドが軽くなるエリアで、ちょんちょん・・・・・・・・・・・・

ちょんちょん・・・・・・・・・・・・・・・・ツっ!?

よっしゃ!!

image

ロッドティップを下げながら(テンションを抜きながら)ドリフトさせてかけるので、がっつり飲み込まれてますww

この釣り方をすると、毎回こんななんですよねぇ。

外すのがめんど臭い(°д°|||)

このところ、この釣り方が一番釣果に恵まれてますね。

「動かさないアジング」と「ポイントドリフト」の組み合わせ。

「動かさないアジング」で潮の微妙な変化を捉えて、ここだと思ったポイントで「短距離ドリフト」を入れて食わせる(°∀°)ノ

しかし、この微妙な感覚、小学五年生でわかるかなぁ???

海の中のジグヘッドの様子を想像できるかな〜?

まー、「ポイントドリフト」無しでも掛かる個体もいるので、どうにかなりますかな。

とりあえず、息子の分は少しでもジグヘッドの存在を感じやすいようにするためクレイジグ 波動 AJI 0.8gを使ってもらいましょ!

とりえず、自分のロッドは置いといて、鬼軍曹として指導しますわwww

見たところ、キャスト自体には問題ないですが、サミングが甘いΣ(°Д°;)

飛距離の欲のせいで、サミングが遅れ糸フケが過剰に出ていますね。

釣れるポイントは足元から10m圏内だから、飛距離はいらないといってるんですがねぇ〜。

全力でキャストしないと届かないエリアでの釣りは「再現性が乏しい」ので僕はやりません。

全力の6〜8割で届くエリア、何回でも同じところに投げれるところにしかルアーを投入しませんわ(°∀°)ノ

それで釣れなければ、リグを変えるか場所を変えますw

ジグヘッドを重たくしたり、キャロを噛ませたりとか(´・ω・` )

さて、数投でサミングはちゃんとできるようになりました。

今度は、レンジキープ。

ロッドを立てるだけ。このスピードの感覚を掴んでもらいます。

ちょっと手を添えて、ジグヘッドの抵抗が一定になる感覚を覚えてもらって基礎訓練終了w

自分一人で挑戦させますと、3投目で・・・・・・・

「ん!!父ちゃん、掛かったよ!!!」

え!?まじでwww

image

・・・・・・・・・上手いやん(°д°|||)

「ポイントドリフト」はやってないようですが、ロッドを立てなおすときに手間取ってる時間が「食わせの間」になってたのかもしれませんねww


1、ロッドを9時から12時まで立てる

2、9時に戻し、糸フケをリールを巻いてとる。

3、また12時までロッドを立てる。

この1と2の間でモタついて、多段階フォール発生。ロッドを立て始めたところで喰ってくる。

こんな感じのようですww

僕の考える「動かさないアジング」の釣れる理論の通りなので、もたつくのはOK範囲ですわwww

なので、そこの指導はせずに、そのままやらせ続けることに(°∀°)ノ

最初は5投に1匹ペースでしたが、途中から連続ヒットも交えてますねw

image

もう一人でやらせてもいいかな?

って事で僕も参戦!!

すると、アジのレンジが変わってます┐(´ー`)┌

ちょっとアジ散歩しつつ、流れ探しww

先ほどまではカウント25でしたが、今はカウント15で良い感じのポイントを発見。

息子と並んでゲーム開始!

今度は息子にもレンジ探しを自分でさせる事に。

カウント5から10〜15〜20〜25と刻んでいきなよ〜とだけ指示して、僕も自分のゲームに集中(°∀°)ノ

で、しばし連続ヒットを楽しみ、嫁様からの帰れコールでゲーム終了ww

1時間ちょっとの息子とのアジングでしたが、息子10匹、僕15匹で終了であります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

僕が参戦してからの後半30分は「動かさないアジング」と「ポイントドリフト」の組み合わせじゃないとなかなか口を使ってくれない状況でしたので、息子にはまだ難しかったようです。

途中から、少々流れの変化もうっすらわかるようになってきたらしく、「ポイントドリフト」のマネをしてたようですが、ラインテンションの抜き方がうまくいかず、あたりが取れなくなっていたようです。

あたりが取れる範囲の「フリーテンッションの感覚」って大人でも難しいですもんねww

まー、小学生にしては十分ですかね(°∀°)ノ

もっと色んなことを経験することで、想像力も豊かになるだろうから、釣りばっかりしてなくてもたぶん上手くなっていくんでしょうなww

昨日はある程度釣れたので、気分が乗っていたからでしょうけど、中学生になったら僕も釣りのブログを書きたいといってましたわw

そのうち「ぽけっと1号&2号」の小物GOMOKU日誌になるかもしれませんねwww

その下に次男坊も控えてるので「ぽけっとトリオ」になったりして┐(´ー`)┌

さ、とりあえず溜まった仕事を早く終わらせるぞ〜ヽ( `д´)ノ

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪