こんにちは!

ぼちぼち本格的に真夏の豆アジングが東浜エリアでは始まりましたかね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

まー、豆アジも豆アジっぷりで、15cm以下がほとんどの小物ゲームですけどねww

image

まれに15cmちょいのもでますけどね〜ww

そんな小さな豆アジでも、ゲーム性は意外と高くて面白いんでうよね〜(°∀°)ノ

サイズは小さいのですが、アタリの強さは20cmクラスとあまり変わらないこともしばしば。

しっかり、コツン!!? と良いアタリがでます♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そのアタリが、どのあたりで出るのか、どのタイミングで出るのか?

これを豆アジで練習しておくと、秋の18cm〜のアーバンサイドアジングで役にたつとおもいますわ!

小さくてもやっぱりアジなので、アタリのでるタミング・ポイントというのは似てますね。

豆アジの場合は、表層や、堤防際につくことも多いので、そのへんはちょっと違いますけどね〜。

しかし、20cmクラスももちろん、表層・堤防際につくことはありますけどね(°∀°)ノ

どちらかというと、中層以深〜ボトムのストラクチャーがらみってのが多いですわ。

前回の東浜エリアナイトアジングは、ボトム中心でしたけどね〜。

さて、この豆アジング、練習には丁度いいとは言ったものの、なかなか掛からんのですよww

一番の原因は、口が小さいと言うこと┐(´ー`)┌

そして、食べているものが小さなプランクトン中心【今のシーズン】であることですね。

この口が小さい問題については、昨今は、各社がそれぞれ「豆アジ用ジグヘッド」をリリースしてくれてますので、そのフックを使うことで随分クリアーされますわ!

僕が現在の湾奥豆アジングでお勧めするジグヘッドは、

ヤリエ ジェスパ アジメバアーミー No.647 0.6g #14(東日本店)
ヤリエ ジェスパ・アジメバアーミー

サイコロヘッドMini

この2つですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

どちらも『ゲイプの開き』は遠慮気味で、表層付近での反転バイトも獲れますし、飲み込みもスムーズですね。

アタリがあったら、ロッドをす〜っと上方向に立ててあげれば、滑るようにしてフッキングに至ります。

他にも34 ザ・豆等もありますよね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

で、フックサイズはその辺りのものを使えば問題ないのですが・・・・・

あとはワーム。。。

ヤリエからは、アーミーフック専用のミラクル小さいワームもリリースされているのですが・・・

こちらは正直微妙。

image

サイズ的には確かに吸い込みやすいのでしょうけど、なにせ小さすぎて目立たない。

ワームの仕事は魚を寄せるところにあるわけですから、あまりにもベイトにそっくりすぎても問題な訳です。

ベイトとちょっと違って、目立つんだけど・・・・・

食べやすそうな異物・・・・・

ってのが僕の理想のワーム♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

とりあえず、興味を持ってもらわないと、なかなかアタリがでないのでね〜。

豆アジが食べる気になるギリギリのデカさ&長さのワームというのがベスト(°∀°)ノ

前回の釣行で役に立ったのは

アジール 2インチ

こちらは、特にカットする必要もなく、ただ付けるだけでOK♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジアダー

こちらは、1/3から半分カットして、尻尾の方を使います。

レイン ペラリンガー

こちらは、一番上の大きくなっている頭の部分をカットして使います。

こちらの3点は、このようにして使うことで、

フックポイントがちょうどワームが曲がりやすいところに出るようになりますわ♪

豆アジは20cmクラスのアジに比べると、警戒心は薄いので、この程度のサイズのワームでも、移動速度とレンジが合えばガンガン当たって来ますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アタリはするものの、ワームが曲がらないためにフックポイントが口に届かない・・・

という事態を避けないとダメなんですよね〜。

ワームのどこからフックポイントが出ているか??

これを最重要項目として、僕は考えております(°∀°)ノ

少々ワームが大きくても豆アジは当たって来ますのでね(´・ω・` )

あとは、通常のアジングと同じように、レンジをきちんと合わせることと流れを意識すると良く釣れますわ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

特に、プランクトンについてる豆アジは、しっかりと流れに乗せてあげないとなかなか反応しないということもありますのでね。

一番簡単なアプローチは流れに対して、クロスするようにエントリーすること(°∀°)ノ

image

こうすれば、特に難しく考えなくても、勝手に横方向にある程度ドリフトしてくれますのでね(°∀°)ノ

豆アジングでは0.4g〜0.6gのジグヘッドを多用するのですが、これは軽くないとアジが吸い込めないからではなくて、流れに乗らないからという意味合いの方が強いですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

1gでも吸えないことはないですわ(°∀°)ノ

ただ状況にマッチングせずに、アタリが小さくなる事が多いというだけですね〜♪

なので、軽いジグヘッドでアタリが出ない場合、

流れが強すぎて、ジグヘッドがレンジに入ってない可能性も考えないといけないのでねぇ〜。

0.8g程度までのジグヘッドは準備しておくに越したことはないですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ちなみに、僕は1gまで準備しておりますわ!

メインは0.6gかな〜??

どうしても湾奥ではこの程度のウェイトがメインになってしまうので、少々とっつきにくいかと思いますが、細いライン等を組み合わせてあげれば随分扱いやすいですわ♪

そんな感じで、湾奥豆アジング楽しんでまいりま〜す♪

週末はどうやら台風で少々海が荒れそうですので、釣りに行くときは天気予報の確認必須ですね!

どうせうねりが入ると釣りにくいですし、無理してもろくなことないですもんね〜ww
 

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪