こんにちは!

このところ1週間ほど、部屋の置物と化してたアジングロッドでしたが・・・・

image

昨日は久々に、ロッドを車に積み込んで外回りのお仕事〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジの調子はどんなかねぇ〜??

東浜エリアは豆アジもしっかり入り出していたので、中央区エリアが気になるところ。

仕事してたのも大濠だったので、ちょっと中央区エリアをのぞきますか!!

さくっと、午前中にミィーティングをすませ、ランチタイムでアジング!!

さーて、まずはデイゲームってことで潮あたりが良さそうなところ、かつ、日陰になっているところを探しますか♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

・・・・・・・・・・

・・・・・・

ん、ここは流れも出てるし、船やストラクチャーによる日陰もできてる。

ここでやってみよ〜。

タックルは、DFR−511に、 ソアレ CI4+ 500S

月下美人TYPE-E0.2号、リーダーはナイロン0.8号をセット。

ジグヘッドはどうするかな〜??

食いの良さを優先するなら・・・・0.6gかな。。

リサーチ力なら・・・・・1g。

うーん、よし、間をとって0.8gのサイコロヘッドMiniで行こう♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ストラクチャーに絡む日陰まで飛距離が届く範囲のジグヘッドならどれからリサーチしても良いですけどね〜(°∀°)ノ

今回は風が強いですが、軌道を引くく構えたサイドキャストなら問題ない範囲ですわ。

ワームはパラワームアジストレートをセット。

さて、キャストー!!!!

・・・・・・・・・よし、日陰に掛かるちょうど良いところに落ちましたわ。

ここから、テンションフォールをさせながら、時折ロッドティップをスッと下げ、ストンと落とすアクションを織り交ぜ、階段状にフォールさせて行きますわ♪

・・・・・・はい、着底。

うーん、着底まであたりはなかったですな。

3投でアタリが出なかったので、ここのシェイドはパスですな。

次々〜(°∀°)ノ

キャスト〜♪

・・・・・階段フォールでアタリと流れの変化を探ります。。。。

ボトム着底と同時に

・・・っ!?

んー、乗らんかった!!!

フックポイントが口の中に当たってないなぁ┐(´ー`)┌

フォール中のあたりだったので、サイドから食ってきたっぽいな〜。

でも、アタリが出る場所がわかったから、次は掛けれるかな??



10〜13cm程度の豆アジを対象とする場合、ジグヘッドに対してサイドから当たってくるアタリは掛けにくいんですよね〜。

ジグヘッドの側面から食ってくる場合、綺麗に『ジグヘッド自体を丸呑み』してくれないと、なかなかフックポイントが口の中に収まらないんですよね(°∀°)ノ

ほとんどの場合、口の中にジグヘッドが入りきれない。

だから、当たるけど掛からない・・・・が続きます。



そこで、口の小さい豆アジを掛けて行く場合は、『ジグヘッドを後ろから食わせる事』を考えた方が効率が良いですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪.


要するに、『軽く追わせて食わせる』


これが出来ると、かなり高確率でフッキングに持ち込めます。

18cm程度からのアジの場合、一般的なショートシャンクのジグヘッドであれば、ボトムに置いておくだけでも、良く釣れます。

アタリがあった場合、8割程度はキャッチできる感じです。

これは、ジグヘッド自体を口の中に丸呑みしているからですね(°∀°)ノ

吐き出す時に、ラインテンションをある程度保っていると、フックポイントが上顎に刺さるという寸法です。

しかし、10cm程度の豆アジとなると、ジグヘッドのアイの部分を含めた全体を丸々口の中に収めるようバイトが出ることは非常に少ないです。

口のサイズ的にも。

なので、フックポイントのみを口に入れる事を考えた方が効率良くフッキングに持ち込むことができます。

となると、『追わせて喰わせる』というのが有効となるわけです。

なので、豆アジング用のフックというのは「オープンゲイプではないもの」や、「ゲイプ角度が浅いもの」が多いのだと考えております。

ジャンルとしては「巻きの釣り」の方がフッキングに持ち込みやすいわけですからね。

しかし、必ずしも「巻きの釣り」に反応を示してくれるわけではないので、ドリフトが必要となったりもするわけです。

ドリフトさせながら、追わせて喰わすって、矛盾してるじゃん!!

って思われる方も多いかもしれませんが、そんなでもないですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

糸をドンドン出しながらのドリフトであれば、もちろん後ろから追わせるのは難しいでしょうけどね。

でも、テンションをある程度掛けながらのドリフとであれば、結果的にジグヘッドは自分の方に向って進みながら、緩やかに横方向にドリフトすることとなりますので、「後ろから追わせる」ということも出来るわけです。

image

前回の豆アジングの時も「あわせをスイープにすること」と書いておりましたが、その理由が、ここなんですよ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

後ろから追わせて喰わせているので、バシッと合わせると掛け損なうことが増えますw

追わせて食わせる事をあまり強く意識してしまうと、レンジが上ずってくると思いますので、そこは注意が必要ですねw

基本的に、ロッドでサビくタイプのアジング「動かさないアジング」をしていれば、結果的にジグヘッドはずーっとレンジキープしながら前進してきますので、結果的に「追わせて喰わせる」ことになってるはずですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

・・・・・・って、前置きが長くなりましたがww

今度は先ほどよりちょっと奥までキャスト!!!!

ボトムまで、ストンと落として動かさないアジングでボトム付近でレンジキープしつつ、手前に引いてきます。

・・・・・・・・・

・・・・・グゥ!?

よっしゃ!!

image

よしよし、やはり後ろから喰わせてスイープに合わせれば、狙って掛けれますね!

再び同じコースでキャスト!!

・・・・・・はい、ボトム。

・・・・・・・・・・・っッツ?!

うーん、綺麗に乗ってないので無視して、「動かさないアジング」でレンジキープ継続w

・・・・・ッツ!?? グゥ〜!?

よっしゃ!!!!

image

今度はしかり上顎に貫通ですね(°∀°)ノ

こんなサイズでも狙って掛けていけますと楽しいですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

良い練習ですわ!

で、45分のアラームがなった時点で・・・

image

ふむふむ、ぼちぼち釣れましたな♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

小さすぎて、氷の隙間に入ったりしてるから、全何匹釣ったかわからんですねw

仕事に戻りがけに、もう一箇所気になるところがあったので、寄り道してみたのですが2投したところで、ルアーマンが真横にズケズケと入って来てキャストを始めたので・・・・・

すぐに釣りやめましたwww

僕は、左側にキャストして、右に大きくドリフトさながら釣りをしていたので、僕の右側面に1mも空けずにエントリーされると、釣りになりません┐(´ー`)┌

あちらはメタルバイブを投げてたので、このままゲームしてても絡まってトラブルになるのが目に見えてましたからねぇ〜。

やっぱ、真横に入りたいんならせめて挨拶程度はしないとダメですね┐(´ー`)┌

3Lのミニクーラーでの釣行だったので、仕事終わって家に帰るまで氷が持つか心配でしたが、なんとか18時まで氷溶けずに持ってくれましたわww

image

家にもどって、クーラをひっくり返してみると・・・・・・

image

おー、意外と釣ってたwww

結果18匹♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

デイゲームの短時間豆アジングだったので、これで満足満足(°∀°)ノ

友人たちの話によると、タイミングによっては良い型のアジも回遊しているようですので、近いうちに型狙いのアジングもして来ますわ!

うん、豆でもアジング楽しい楽しい♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪

 
にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村