こんにちは!

今回は昨日の続きのライトチニングの話でございます♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

前半は、東浜エリアの豆アジの夜の状況調査をしてみました。

釣果は前回書いた通り、アジの活性が上がってるタイミングでの釣行だったこともあり、表層及び、表層直下での反応が多く、ちょっと早めのただ巻きが非常に有効でしたね〜。

この表層パターンて、結構やりにくくもあるんですよねぇ〜。

アジが高活性すぎて、食いが浅いんですよねぇ┐(´ー`)┌

活性が高いと掛けやすいイメージがありますが、食い方が雑でフッキングできない活性状態になることもありますもんねぇ〜。

特に豆アジの場合はそれが顕著。

口が小さいのに、雑で瞬発的なサイドアタックやひったくりバイトをしてくるパターン┐(´ー`)┌

チッ!!?という瞬間的なアタリは連発するものの、掛かるには至らない・・・・。

あまりに活性が高いのも考えものですねwww

前回は、結局、釣るアジを絞り込むことで掛けて行くアプローチで数を釣ることができましたけど、毎回このアプローチが正解になるわけでもなく、毎度頭を悩ますんですよね〜(°д°|||)

そこがアジングの面白さでもあるわけですけど♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

さて、豆アジングは昨日土曜日も行って来たので、またその時のお話も後で書きますわ!

表層高活性パターンとはまた随分変わってましたわ。

さて、で、アジングを楽しんだ後は、手のひらメイタを対象にしたライトイニング!!!

手のひらサイズとはいえ、体高のあるチヌ。

瞬発的なファイトパワーはなかなか楽しませてくれます!

とくにジグヘッド単体用のアジングロッドでのゲームですので尚更ですね(°∀°)ノ

今回ライトチニングに使用したタックルは

タックルは

DFR−511に ソアレ CI4+ 500S、  

月下美人 TYPE-E 0.2号。 

ナイロンリーダー0.8号。

アジングのジグヘッド単体タックルとまったく同じ。

ジグヘッドもサイコロヘッドMini 0.6gとアジング用のものを使います。

しばらく追いかけ続けてチマチマかじりついてくる手のひらメイタを掛けるには、このサイコロヘッドminiがすごく使いやすいです。

そして、もう一つのコツは、瞬間接着剤でワームとジグヘッドをくっつけて、絶対にズレないようにすることですわ!!!

これは僕のライトチニングポーチ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

全部ワームとジグヘッドが瞬間接着剤で固定されてますわ。
image

あと、タモも必須ですねww

意外とメイタって重たいんですよねぇ。

さて、今回は僕がメイタを狙うポイントはどシャロー!!

5mほど先からはある程度水深があるけど、手前はどシャローという地形(°∀°)ノ

駆け上がりに絡む、浅いとこですね。

ボトムを丁寧に引いて来ても良いのですが、ちょとここは根掛かりが多いのでパスww

それにこのタイミングのメイタは結構浮いていることも多いので、表層から順にただ巻きでアプローチしていくほうが良い思いをすることが多いですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

テクニックとしてはメバリングの延長ですかねぇ〜。

メバリングとライトキスゲームのミックスな感じかな???

ちょっと違うのは食わせ方ですね。

メバリングの場合、バイトは一瞬。

コツ!?ときて、掛かるか掛からないかがメバリング。

ライトチニングの場合は、なかなか一発目のコツ!?ってアタリでは掛かりません。

コッ!?っと来ても、無視して一定速度で巻き続けます。

このコッ!?時た後に、食わせようと思って、誘いのシェイクや、食わせの間を取ろうと動かすのをやめると、途端に興味をなくして追わなくなります。

コッ!?っと来たら、とにかくそのスピードのまま巻きます。

そして、ググ!!っとティップが入った時に合わせを入れるのが僕の基本パターン。

一定速度で巻いても、全然メイタが追って来てくれない時もありますので、その時は例外的に即掛けを狙いますわ(°∀°)ノ

さて、今回はどっちのパターンかな〜。

アジは非常に高活性でしたから、メイタも活性が上がって可能性大ですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ただ巻きでガツガツ追って来てくれるんじゃないかな〜??

さて、まずは表層から様子見。

ワームはまずは、マイクロベイトに寄せて、

アジアダーからいきますかね。

キャスト〜!!

サミング着水からただ巻きで表層直下を引いていきます。

着水地地点は、ある程度水深があるエリア。

そこからただ巻きで、足ものとどシャローエリアにワームを進めて来ます。

食わせるのはどシャローエリアに入ったところというイメージ。

着水ポイントからどシャローの方に入って行くマイクロベイトを演出(°∀°)ノ

水深のあるエリアでは一回当たる程度なのですが、どシャローに入ってくるにつれてアタックが激しくなりますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ベイトが逃げ場をどんどん失って行くので、メイタのやる気も増えるんでしょうね〜。

巻き巻き・・・巻き巻き・・・

よし、ぼちぼちシャローエリアに突入だぞ〜。

コンコン!?!

お!当たって来てますね〜。

無視してどんどんシャローの方に巻いて来ます。。。。

コ・・・ココ・・・・・コ・ググ!!?

よっしゃ!!!!!

う〜ん、パワフルな引きですな〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

IMG_2492

まずは最小サイズが来ましたわww

ワームがガタガタになったのでチェンジ!

といっても、ワームとジグヘッドがアロアルファーで止めてあるので、まるまるフックごと交換ですけどねぇww

今度はペラリンガー

そっとリリースして、次次!!!

マイクロベイトがパシャパシャと飛んでいるところのちょいと先にキャスト!!

・・・・・はい、着水!!!

と、同時にコン!!?

お!!

でも乗らず・・・・

ずーっと巻いてますと・・・・

シャローに入ったところで・・ココ!!

よし、追い始めたぞ!

どんどんシャローに巻いていきます・・・・・コココッツ・・・グ!!?

よーっし!!

お〜、こりゃさっきよりパワフル♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

楽し〜い♪

IMG_2494

よし、レギュラーサイズが来た〜!!!

再びキャスト!

・・・・・・・着水と同時にコン!!?

あれ、掛かっちゃたwww

IMG_2495

キビレですね〜!!

やっぱりキビレは攻撃的で面白い!!

着水と同時に食ってくるなら、ショートワームの方がフックポイントが隠れる心配がなくて良いかな?

ワームチェンジ!

ペケリング 2インチ

IMG_2498

おや?今度は縞模様があるからメイタか♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

マイクロベイトに着いて、メイタ&キビレの群れが入っているようですね!

ほぼ1投ごとにアタリがあります(°∀°)ノ

今度はちょっとマイクロベイトのはねてるところが遠のいたので、ジグヘッドを1gに変更。

それに伴って、レンジキープのため巻く速度が上がりますが、食わせるのはどシャローですので問題はないでしょ〜(°∀°)ノ

キャスト〜!!

はい、着水。すぐにリーリング・・・・・・。

ココ!!

うん、追って来ますね〜ww

ココ・・・・ココ・・・グ!!

よ〜し♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

IMG_2499

またメイタ殿♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

いったいこのシャロー、何匹のメイタが入ってるんだろ????

よくメイタが釣れるポイントではあるけど、こんなに集まってることは少ないんだけどな〜。

よっぽどベイトが溜まってたんだろうなぁ。

途中、ぼちぼちの豆アジもちょいちょい混じるしww

IMG_2496

予想外のメイタのツ抜けでしたわww

途中、アタリが遠のいたら、シャローエリアを縦に引くのをやめ、斜めにアプローチし直すとまた釣れ始めましたわ!

後半は、メイタはシャローエリアに最初から集結し出した感じでしたね〜。

水深あるところはフッコ。

シャロー差し掛かりエリアが豆アジ。

シャローがメイタ。

こんな感じの平面の層ができてましたね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

いやー、久々に面白いライトチニングでしたね〜。

たまにはアジング以外の釣りも良いですね〜!

ただ、メイタは・・・・あまり美味しくないので食べないからですねぇ〜。

ライトチニングは控えめで楽しみますわ!

 
にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪