こんにちは!

月初だというのに、何かとトラブルが多く、ドタバタした1日を過ごしてる僕ですw

でも、湾内の豆アジは相変わらず元気なようですね〜。

先日、先々日と深夜にちょろっとアジング行ってまいりましたが、どの場所もアジ自体は入ってるようです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジが居ない釣り場はほとんど無いのだけど、釣りやすいアジが居るかいないかは別問題のようですね(°∀°)ノ

場所によって結構な差が出てますね〜。

昨日は、友人たちが集まってアジング調査をしているとのことで、仕事上がりに23時過ぎからちょろっと会いにいってまいりましたわ!

最初に調査していたエリアでもポツポツとアジは釣れていたそうですが、サビキの方達が来られたので移動したとのこと(°∀°)ノ

博多湾奥は連続して釣り場が続いているので、こんなときは移動しやすくて助かりますね!

良いエリアだ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕が仕事終わって連絡した時には、すでに移動した後だったようで、移動先で悶絶しているとのことwww

どうやら既にアジの釣りやすいタイミングは終わっていたらしく、大場所の中の小場所でアジが釣れる状態になってるようですね〜。

これも、このところのアジングで多いパターンですね(°∀°)ノ

下に書く2つ目のケースですね。

最近のアジングは、タイミングがバッチリですと、ただ表層直下・カウントにして3〜5秒程度のただ巻きでアジが簡単に釣れる事も多いのですが・・・・

・表層高活性すぎて、高速アタックを繰り返しなかなかフックポイントが口の中に収まらないケース。

・特定の「ベイトが捕食しやすいゾーン」にのみバイトが集中するケース。

この2ケースが多いですね〜。

高活性すぎるケースについては、3つほどアプローチパターンで攻略できる事もありますわ。

1つは、ジグヘッドを引き波が出る程度の速度で表層を早巻きして、反応できる個体のみを釣っていくアプローチ。

もう一つは、その真逆で、超軽量ジグヘッドを表層に漂わせるアプローチ方法。。

どちらも、きっちり「表層にワームを置く(通す)」という点では共通なんですけどね〜。

それでもなかなか思うようにはヒットしないもどかしさがあります。

もう一つのアプローチ方法としては、表層のアジは切り捨てるww

表層でバチャバチャしているエリアの周辺の中層〜ボトムを攻めるというアプローチですね。

意外とこれですんなり釣れる事もありますわw

しかし、昨日の悶絶原因は、大場所の中の小場所でしかヒットしないケース(°д°|||)

これは複数人釣行においては一番しんどいパターンですよね〜www

あそこを攻めないとダメだけど、あそこのコースを引けるのは1人しか無理ぃ〜みたいなw

それでも、友人たちとワイワイ言いながらの釣りは面白いですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

友人たちの元へ向う途中、ちょっと気になるポイントがあったので、一人でそちらを5分だけ様子見することに。

ここは常夜灯も効かないところですが、地形的にベイトが入ることが多く、かつアジにとってベイトを捕食しやすく、自分の身を寄せる場所も多いところ(°∀°)ノ

さて、友人も待ってるし、さっさと調査しますかな!

ライズも特に見られないし、常夜灯が薄いので、明暗差についているという事も期待できないので、狙うのは潮のヨレとストラクチャー周り。

時間もないし、ここは手堅く潮のヨレを探しながらボトムストラクチャーを攻めますかね〜。

ボトムに着くまでに流れがあれば、その層を攻めますし、なければストラクチャー付近を探ります。


さて、本日のタックルは

ロッド:DFR−511
リール:ソアレ CI4+ 500S

ライン:月下美人 ライン タイプ-E 0.2号
リーダー:銀鱗0.8号

フック:アジメバアーミー#14
ワーム:アジール

で参りますわ!


今回もアジールのみでワームチェンジ無しwww

キャスト〜!!!

・・・・・・・・・・・

うーん、コレといって明確なヨレは無いな〜。

・・・・・、あ、ボトムだ。。。

とりあえず、ボトムのストラクチャ周りを「動かさないアジング」ですーっと水平移動させていきますと・・・・ッ!?

ん!?

アタッた!!!

しかし乗らず。

でもやっぱりボトムストラクチャーにおりますね。

2度目のアタリがないので、群れは小さいかもなぁ〜。

再びキャスト!!

ボトムまでストンと落とし、先ほど同様、動かさないアジングでボトムをゆっくり通しますと・・・

・・・・・グン!?

よっしゃ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

結構強いアタリの出方でしたね〜♪

再び同じポイントを通しますと〜

・・・・・・・・・コン!!

よーし(°∀°)ノ

image

うん、再現性があったので満足♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ここで釣りをすればおそらくツ抜けできますね〜。

気になるポイントの調査終了=333

急いで友人たちのところへ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

久々に友人たちに会いましたが、みんな元気そうでよかった〜♪

遠征行って怪我してた友人もいたけど、ピンピンしてたしww

そうそう、面白そうなワームも一袋プレゼントしてもらいまいましたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

じゃーん、イソギンチャク???

ぱっとみて何パターンかの使い方を思いついたので、今度はこのワームで釣果を出して見ますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

現状の豆さんにはちょっとフレア部分が、フックポイントを隠す原因を作りかねないので、微妙かもしれませんが、これからちょっとサイズが上がってこれば、面白そう!!

普通にセットして使えば、引き抵抗も抜群なのでアジング初心者が、引き抵抗の差で潮のヨレを探したりするサーチワームとしても優秀と思われますわ(°∀°)ノ

柔らかさもアジアダーに近い感じ!

僕の使用している、現在お気に入りのリールソアレ CI4+ 500Sに、友人のストラディックのドラグノブを借りて装着して実験して見たりwww

いやー、ドラグノブ交換するだけで、ドラグの利き方にこんなに差が出るとはねぇ〜。

弄って遊んだ友人全員がその変化にびっくり!

ストラディックのドラグノブ買っちゃおうかなぁ〜wwww

で、合流後の釣果は・・・・・

やっぱり釣れるところがピンポイント過ぎますね〜w

ここは常夜灯もあるので、シェイドというのもキーになりますし、船を含めたストラクチャーもあるので、ストラクチャーの要素も重要。

流れも強いエリアなので、ヨレも意識するべきでしょうね〜。

で、「出るならここかな??」ってところをロックオンww

到着3投目にして、しれ〜っと釣らせていただきましたwwww

image

ドラグフルロックなので、抜き上げるまで釣れたのばれないww

その後もワイワイ話ししながらも、ながれを右から受けてシェイドの中に入っていくルートを攻めていると・・・・・ツッ!

image

あ、おった♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

シェイドの際を経由する回遊をしているようで、そのシェイドの中に流れに乗って入ってくる餌を食べてるようですね。

落ちパクもありますし、活性が低いというよりも、個体数が少ない様子。

そんな感じで釣り馬鹿話しで盛り上げっていると、遠くで稲光が・・・・・。

そして、雨が・・・・・。

ってことで、ドタバタ解散いたしましたわ!

いやー楽しかったなぁ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジはあまり釣れなかったけど、友人たちに囲まれて幸せな時間を過ごしましたわ!

で、どしゃぶりの中、家に帰っていたのですが・・・・・・

・・・・・ん、この風向きなら昨日のポイントに行けば簡単にアジ釣れるんじゃ??

どうせ後は家帰って風呂入って寝るだけだだし、ちょっとくらい濡れてもいいかな?

ってことで、ひとり河口域にGo=33333

ライズは見えないけど、浅いレンジに浮いてれば勝負が早いな〜!

ってことで、カウント3から様子見。

ベイトを意識している個体が多いエリアなので、ただ巻きでアプローチ。

巻き巻き巻き巻き・・・ゴス!!

よっしゃ!!!!!

やっぱり一発だった♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

やっぱりここのアジは他の場所よりもかなり引きが強くておもしろ〜い♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

流れの中でベイトを追い回す能力のある個体が集まってるからかな〜??

カウント3のレンジで3連続キャッチ!!

そして、アタリストップ。

ぐっと、レンジ下げて、カウント10。

ただ巻き+フォールの釣りで・・・・

巻き巻き巻き・・ストンストン。

巻き巻き巻き・・ストストン・・・巻き巻き・・ゴン!!?

よっしゃ〜!!!!

ここのレンジでも3連続キャッチ!

image

ここでちょうど友人から、ピンポイント豪雨警報出てるとメールもらったので、ドタバタ撤収!!

今回もなんとかツ抜け達成www

先日もこのポイントで30匹ほど釣ってたんですが、その時のアプローチ方法等についてはまた後ほど♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

いやー、湾奥アジング盛り上がって来ましたねぇ〜(°∀°)ノ

6月のようにサイズが出るわけではないのですが、アプローチの多用性、数狙いと、豆アジらしい楽しみが倍加中であります!

表層からボトム、ありとあらゆる「引き出し」で豆アジに熱くなるのも楽しいですよww

とかいいながら、今回もリグチェンジ一回もしてないけどw

ずーと、0.6gのアジメバアーミー#14に、アジールのまんま♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

なかなかの万能ワームでありますわww

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪