こんにちは!

ちょっと日にちが前後するのですが、今回は水曜日の釣行日記ですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

twitterの方ではその日に釣果をあげていたのですが、2箇所パパッとランガンして来ました!

香椎で23時頃仕事を終えまして、向かった先はまず東浜エリア=333

この日はそんなに風も強くなく、アジングするには好調な天気♪

東浜エリアに来た理由は、アジの入り具合を確認したかったのと、アジが居ないなら手のひらメイタと手堅く遊べるかな〜ってところww

さて、現場に着きますと、あら、一番入りたかった場所は先行者がおられます(°∀°)ノ

タックル見た感じ、アジングをされているようでしたが、どうやらあまり芳しくない様子。

軽く挨拶だけして、僕はとりあえず第二候補のポイントへ。

おー、海面にもよもよしておりますな〜。

このエリアの船溜りエリアは、夜間の満潮時にアジが一挙に上ずる感じですね!

しかし、この高活性の豆アジは難敵でありましてwww

まー、なかなかに掛かりませぬw

さて、とりあえず、今回のタックルは

ロッド:DFR−511
リール:ソアレ CI4+ 500S

ライン:月下美人 ライン タイプ-E 0.2号
リーダー:銀鱗0.8号

フック:アジメバアーミー#14
ワーム:アジール 

であります(°∀°)ノ 

このところの記憶ですと、このエリアの豆アジは河口域のそれと比べて少々小型。

やはり、どん詰まりエリアに溜まっている個体と、流れの中でベイトを追い回している個体で随分差が出て来たようですわ。

ま、小さくてもアジはアジ!!

釣るぞ〜!!

・・・・・・と意気込んだものの・・・掛からんwww

表層に引き波が出るくらいの速度で引くと、あたりは出るのですが、なかなか乗らないw

7〜8投に1回かかる感じ┐(´ー`)┌

image

うーん、効率悪いwww

釣れ方がまばらすぎるので、全部リリースしつつ船影の要所要所を打ちます。

オープンペースよりも、船のロープの下や船首の真下等の若干シェイドが絡むようなところのアジの方が追う距離が長いですね(°∀°)ノ

そんな悶絶をしてますと、以前、「山手線アジング」攻略をしてたときにお会いしたお兄さんにばったり遭遇♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

お久しぶりですわ!!

ちょいと状況の話なんかをしながら、お互い表層悶絶をしてますが、まー効率悪いことwwww

雑談途中で、手のひらメイタの釣り方の話なんかもしまして・・・・。

あ、じゃー、とりあえずメイタでも釣るか!!と思いましてちょっと移動=333

さて、この船影と駆け上がりが絡むところにベイトが入っていれば・・・

あ、おるおる!!

マイクロベイトがもぞもぞしてます。

ってことでキャスト!!!!

ベイトの中を割っていくように表層直下、カウント3のレンジをただ巻きして来ます。

巻き巻き・・・巻き巻き・・・ココココ!

お!一投目で反応♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

でも、合わせない!

もっと深く噛み付いたタイミングを狙います。

どんどん浅いレンジに近づいて来て・・・ググ!!!!

よっしゃ♪

ばしゃばしゃ!!!

元気に海面で跳ねますね?? まさかセイゴ???

・・・・・・・・

image

あ、やっぱメイタでした〜wwww

この後、3投目にも掛かったのですが、ピックアップ寸前、空気を吸わせたとたんフックアウト┐(´ー`)┌

あら、残念w

でも一匹メイタお見せできてよかった♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

とりあえず、このエリアのアジのサイズ、活性確認はできたし、メイタの入り具合もわかったので、今度はアジングの本命場所の河口エリアへまいりましょ〜!

はいワープ(´・ω・` )

あら・・・・先行者ありか。。。。

珍しく、じいちゃんのルアーマンがおられます!!

とりあえず、挨拶をして、断りを入れてから横10mで釣りをさせてもらうことに。

じいちゃんのルアーにシーバスからのコンタクトがなさそうだったので、とりあえず表層から狙ってみます。

アプローチ方法としては、流れに乗せながら表層直下を泳がせ、シェイドの中にジグヘッドが入り込んでいくようにします。

これだけ書くと難しそうですが、やることはシンプルw

薄明かりが効いてるところに投げて、暗いところにただ巻きでジグヘッドを運ぶだけw

これに流れの方向を考えて、ちょっと流れに負けてるベイトっぽく見せるだけです(°∀°)ノ

キャスト!!!

・・・・カウント3

巻き巻き巻き・・巻き巻き巻き・・・ゴン!

おー!やっぱり居った♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

一投目でヒット!!!

image

やっぱり潮も動いているので活性高いですわ(°∀°)ノ

あ、タックルは先ほどと変わらず!

ジグヘッドは0.6gアーミーフック・ワームはアジール。

さて、このパターンで3連続キャッチ!!!

すると、じいちゃんが「アジは簡単に釣れていいね〜」と話しかけて来ました(°∀°)ノ

うーん、簡単かどうかはわかりませんが、いまポンポン釣れてるのは間違いないですわw

しばらく横で見ててもいいかい??と言われ、どーぞどーぞと(´・ω・` )

1年ほど前から、シーバスとアジングに興味をもってやってるらしいのですが、さっぱり釣れないとのことで・・・・。

うーん、その気持ちはわかりますわ。。。。

いまいちアジングとシーバスどっちをメインに考えてらっしゃるわからないのですが、同じルアーフィッシングという括りで考えてらっしゃる様子・・・。

それは中々釣れないでしょうね〜。

釣り雑誌はたくさん読んで、テレビも見てらっしゃるそうですが、もってるルアーバランスが湾奥にはアンバランスで・・・・・うーん。

とりあえず、今はアジが釣れてるからアジングを説明してほしいとのことだったので、説明しながら実釣会www

表層直下パターンはシェイドのキワに対して、どうアプローチするかを工夫するだけで、やること自体は基本的にレンジキープのただ巻きですからすぐに覚えてもらえました。

しかし、この後が・・・・・。

8匹ほど掛けたところで、アタリが完全にストップ。

再びレンジを上から探っていると・・・・・

カウント10前後で、かなり強く潮が効いてます。

この感覚がなかなか伝わらなくてwww

カウント10からゆっくりロッドをサビキながらレンジキープ。

すると手前5mほどでフッとジグヘッドが軽くなり・・・・コン!

image

あー、ここちょうどボトムストラクチャの上だ(°∀°)ノ

どうやら潮がここで反転している模様。

ここを重点的に攻めて見ますと・・・・・・

連発wwww

しかし、話しながらの釣りなので、ちょいちょいバラし┐(´ー`)┌

「ここでジグヘッドの引き抵抗が変わるので来ますよ・・・」

・・・・コン!!

ほらね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

こんな感じで再び10匹以上追加。

で、再び沈黙。

また表層から探りを入れていくと、単発で表層で1匹出たものの、続かず・・・。

結局次のコンタクトはボトム。

先ほどのヒットゾーンの真下、ストラクチャの真上を通るものに口を使うような感じですね。

ストラクチャーと、堤防壁面との間で複雑な潮の流れが形成れており、そこにアジが溜まっているようです。

巻いても反応イマイチで、ただボトムちょい上を漂わす感じにすると入れ食い♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

キャスト後、ボトムまで落とし、1回しゃくりあげたのち、シェイク程度の小さなしゃくりを2回。

流れがちょうど自分の方に向かって来ているので、何もせずともラインが潮に押され手前にジグヘッドがよって来ます。

なので、2回シェイクを入れた後は、ただ糸ふけをとり、合わせに備えるのみ(°∀°)ノ

2回シェイク、5秒糸ふけとるだけ、再びボトムをとる2回シェイク、5秒流す・・・・

この繰り返しで時間は掛かるのですが、再現性のある釣りを展開。

1時間半ほど説明しながらのアジングで・・・・

image

30匹ほどキャッチ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

おじいちゃんも、納得されて帰宅w

楽しかった〜と言ってもらえたのが何よりでしたわ!

うーん、1時間半の間に、表層〜中層〜ボトムと徐々にレンジを下げていくアジングでしたね〜。

はっきりはわかりませんが、どうも湾奥のアジは深夜1時程度を境に活性が落ちるきがするんですよねぇ。

潮の動きも大きな影響を与えているとは思うのですが、魚種によって「高活性時間帯」がある程度決まっているような気がしますわ(°∀°)ノ

昨シーズンもそんな感じで、12時過ぎてアタリが減ったら帰ろう〜みたいな感じでしたもんねぇ。

先日のアジング寄り合いでも、やっぱり12時回ってからは渋かったですもんねぇ〜。

今後そのあたりも観察していきたいですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 

あ、そうそう、ここ数年アジングメインの日記になってたので、「ブログ村」の登録をアジングの方に移しましたわ! 

引き続き、クリックで応援してくださると嬉しいであります(°∀°)ノ


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ