こんにちは!

このところ湾奥アジング、まわりのアジンガーたちも好調ですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 

昨日あたりからまたちょっと気温が上がって、秋の雰囲気が日中は薄くなってますけど、海の中は秋モードの様相ですね(°∀°)ノ

福岡市内からでも1〜2時間足を伸ばした場所では、40cmクラスのアジがオカッパリからジグヘッド単体で狙えているという話も聞きますし・・・・・Σ(°Д°;)

湾奥では無縁なサイズでありますwww

ま、40cmのアジを湾奥で狙うのは難しいとしても、40cmのフッコなら十分ねらっていけるので、湾奥ではテラアジの代わりにフッコ狙っておきますわ(°∀°)ノ

メインはでもやっぱり豆アジングですけどね〜ww 

最近はプラグ&ナイロン0.8号・PE0.1号も持ち歩いているので、シーバスが浮いてる状況ならすぐにプラグゲームができるように準備してますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

土曜日はプラグでポコポコ釣れましたもんね〜♪

その翌日の日曜日もアジングセットとプラグセット両方持ち込んで中央区エリアに寄り道して来たのですが・・・・・・・・

さすが連休中(=ω=.)

人が多すぎて、狙いの場所には入れずプラグゲームは諦めてアジングに集中。

今回は友人F氏との釣行でしたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

CI4+アジング S408UL-S 

CI4+ アジング S608UL-S

この二本の鱗ずけのお手伝いですわ!!

このS408UL-S気になってたので、触らせてもらうのが楽しみにしてたんですよね〜。

さて、とりあえずは使い慣れたDFR−511でアジの有無を確かめますわ!

僕の使用タックルは

ロッド:DFR−511 
リール:ソアレCI4+ 500S
ライン:月下美人TYPE-E 1lb


F氏の使用タックルは

ロッド:CI4+アジング S408UL-S  
リール:ソアレCI4+ 500S

ロッド:CI4+ アジング S608UL-S
リール:ヴァンキッシュ 1000PGS

であります。

さて、DFR-511で探りを入れていくのですが、流れはそれなりに出ているし、サイコロヘッドMini0.8gカウント15のレンジで、はっきりした流れの変化も出ているのですが、肝心なアジからのコンタクトが無い・・・・・┐(´ー`)┌

あ、無いこともないかww

ただすごくローペースで釣れるので、再現性が乏しい・・・。

2匹までしか続かない・・・。

image


F氏もS408UL-Sを使用して、潮目を中心にサーチしてるものの、なかなかアジからのコンタクトがない様子(=ω=.)

う〜ん。。。。

F氏に潮目を中心に探ってもらい、僕はボトムにレンジを切り替えてサーチしますも・・・・

単発Σ(°Д°;)

そんな中、F氏もS408ULSでファーストフィッシュをゲット!!!

でも、なんかあまり納得いってなさそう???

どうやらやりとり感がなかった模様。

これはロッドの短さゆえかな???

さっそく僕もロッドをお借りしてやってみます。

うーん、こりゃー軽いですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

素振りした感じも気持ちよい!

さーて、キャスト!!!

・・・・・Σ(°Д°;)

おう、これよく飛びますね!

さーて、潮読み感度はどんなもんかな・・・・??

・・・・・・・・・・

・・・・・・・

ふむふむ、フォール中に流れていく感覚はわかりますね。

・・・・・

ん!??

なんじゃこりゃ・・・・。

リールが気持ち悪い(-_-)

おかしいなぁ。。。

僕と同じCi4 500sのはずだけど、巻き心地がぜんぜん違う・・・。

確かに僕も買った当初、めちゃくちゃ重たいと文句たらたらでしたが、このところはギアが馴染んだようで、3cmハンドルを装着したルビアスと変わらない巻き心地になってたので忘れてました(=ω=.)

んー、それにしてもこんなに重かったかな????

34の最新のゼログラ?ダブルハンドルを付けてらっしゃるので、僕の以上に快適に回せそうなもんだけどなぁ・・・・。

うーん、重たいとかいうレベルじゃない気がする????

ゆっくりゆっくり巻いてみると、途中で「・・・・・コキ・・・・・・キュ・・・」

あれ??何か挟まってるような異音が手に伝わってくる・・・。

このノイズのせいでぜんぜん集中できない上に、ハンドルが綺麗に回らん┐(´ー`)┌

どうやら、この500Sは故障している模様(=ω=.)

巻き取りがスムーズにできないので、アジをかけた後のやりとりもボンヤリ。

結局、壊れたリールでの釣行だったので、ロッドの真のポテンシャルは分からずじまいでした。。

とりあえず、キャスト〜潮の流れを感じるという一連の動作は快適に行えましたが、アジを掛けてからあとはちょっと微妙な感じでしたねぇ〜。

リールが壊れてたせいもあるのですが、ラインの回収速度よりアジの方がはやくこちら側に突っ込んで来るということが2連続ありまして。

どうしても極端にロッドが短いので、細く仕上がって入るものの、溜めが効かず、ラインテンションを強めに掛ける【早く巻く】ように意識しないとぜんぜん竿が仕事しないんですよww

リール⇨ライン⇨魚。な感じw

豆アジだと、魚の重さをロッドで感じることがほぼ出来ず、リールの巻き抵抗しか感じない(=ω=.)

あー、F氏がよく分からんけどアジ獲れとったと言った意味がわかりましたwww

これ、ハイギアのリールと合わせた方が相性いいのかもなぁ〜。

とりあえず、まともなリールと組み合わせないと評価できないから、このロッドのレビューはまた後日にしましょ!ってことで、他のタックルで釣り続行!

F氏はs608ULSとの相性が良いようで、群れが入り出すと連発www

巻いているだけできっちり魚乗りますね〜。

ロッドエンドが長めなので、リフトアクションもつけやすいですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

手のひらの付け根でちょっとリールシートを押してあげながら竿をしゃくると楽にアクションも入れることができますわ♪

一見これUL?て感じのパッツリ感がありましたが、魚掛けてみると納得www

あー、確かにULですなw

今回のCi4アジングシリーズから搭載されてるグリップはなかなか良い使用感でありますね!

これまではエクスチューンにしか付いてなかったグリップですもんね〜。

ci4アジングに搭載されるとお得感がありますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕のは旧モデルなんで、ちょっとジェラシーですけどww

アジの群れ自体は、明暗差、とくに差し込むシェイドを中心についてますね〜。

そのシェイドに対してどうアプローチするのか。

これが問題。

海面に見えてる明暗差と海中における明暗差にはズレがあるので、そこを意識して、ジグヘッドが通る場所ができるだけ明暗の境になるように意識すると数が出る感じですね〜(°∀°)ノ

それとやはり船の下というのはアジがたまりやすい傾向にありますね。

船のキール・リップが海中に沈んでいることを意識してあげるとアプローチの仕方がちょっと変わるかもしれないですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

和船と違って、湾奥に止まってる船は、海面から海中に随分深く船底が沈んでいるわけですので、、そこは海中に壁が出来ているようなものですもんね〜。

この壁はベイトを追い込んで食べるには丁度良い「追い込み口」になってるので、そこに対してどの角度でジグヘッドを通すとアジが追って来やすいかを考えると面白さ倍増ですね♪

単純に船があればそこには影が落ちるので、そこにアジが付いているだけの話かもしれませんが、どのトレースラインを選ぶかによって反応の出方に差があったのは確かですね!

僕はその差の理由として、海中にできた「壁」としての船底に注目してるんですよ(°∀°)ノ

流れの中に壁を作れば、当然そこで流れも分断・分流するわけですし、特に船の場合はTの字(リップ形状)になているので、流れが当たれば、潮もドラム式洗濯機のように回転しやすいわけですので、浮遊物もたまる傾向があるわけですよね〜。

そこに対してのアプローチですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

まー、そんな感じでアジは大量にゲットwww

IMG_3026

途中からクーラーに入りきれないのでリリース(((°Д°;)))

F氏釣りすぎでありますww

S408ulsについては、後日改めて鱗ずけですね!

F氏のリールは初期不良ということで無事に返品交換してもらえたようですので、近いうちにリベンジですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

このところ、仕事忙しかったり、10月10日が結婚14周年だったり、アジングの大会やら、クリアブルーナイトとか・・・・・

イベント盛りだくさんすぎてあっという間に時間が過ぎてしまい、日記が飛び飛びになってしまいましたわ(°д°|||)

来週からはひと段落できそうなので、またのんびり日記書きながら釣り倒しますわ〜(°∀°)ノ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ