こんにちは!

最近、僕が釣り場に到着すると・・・・・・・・・・・・

アジが釣れなくなることが増えたようなwwww

先々日の水曜日、仕事上がりにKoga氏とアジングに行こうということになったんだけど、僕の仕事が押しちゃって、先にポイントに入っててもらうことに(´・ω・` )

ここに入ろうか?って言ってたポイントは満員で、別場所をおさえてくれてたKoga氏(°∀°)ノ

常夜灯も効いてて、いい感じに豆アジが釣れてたみたいなんですよ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

で、僕が到着した途端、街灯が消えるというΣ(°Д°;)

なんでじぁぁぁぁぁぁぁぁヽ( `д´)ノ

街灯が消えちゃうと、ここのポイントはアジが集まる要素も少なく、ダダ渋にwww

アジも釣れそうに無いので、しばし、Koga氏の車に積んである面白そうなロッドをあれこれ借りて遊んでましたわw

ヒラマサ用のロッドを借りて、デッカいルアー投げてみたりねぇ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そうそう、アジングロッドの始祖みたいな存在の、ウエダのPRO4とかも振り回してみましたわ!

10年も前にこんな化け物みたいなロッドがあったなんてねぇΣ(°Д°;)

最新ロッドと遜色ないし・・・・・

そうこうしてると、また常夜灯が点灯♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

お!!!

これまたアジ集まってくるじゃん!

これで、高比重PEラインのアクアマイスター PEsライン 0.2号を試すことが出来ますわ♪

さて、ロッドはリップルフィッシャ ーのRC55、リールは17 セオリーを準備!

どんな感じのPEラインなのかなぁ〜??

比重はエステルと変わらない1.41だけど、使用感はエステルに近いのかな?

せっかくなので、0.4gのジグヘッドが扱えるのか試してみよう!

ARMORED F+ Pro0.06号だと、0.8gくらいから快適に使える感じだけど、シンキングPEの0.2号ならどうなんだろ??

とりあえず、正面キャストでジグヘッドの沈み方を確認。

キャスト!!!!!!

・・・・・お!!

0.4gでもかなりスムーズにラインが張れるぞ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

とりあえず、今は流れがあまりないってのもあって、0.4gでも問題なく操作できますねぇ〜。

高比重PEラインすごいじゃん!

これがあればもしかしてエステルライン要らないかな??

って思ったけども・・・

0.4号のジグヘッドだと、流れがある程度以上出ているところにキャストしてみると、ジグヘッドよりもPEラインの方が若干先行して流されてますねぇ。

ラインが沈む能力は高いのだけど、やっぱり編み込みゆえに表面積問題は残ってますねぇ〜。

軽量ジグヘッドを流さないといけない状況になると、やっぱり0.2号〜0.25号のエステルラインの方が操作感が得られますね(°∀°)ノ

ってことで、僕の手感度だと、アクアマイスター0.2号が快適に使えるのは0.8gくらいからかな?

快適に使えるジグヘッドの重さとしては、アンバーコードの0.06号と変わらないけど、ライン強度を考えると、アクアマイスター0.2号の方が、軽量ジグヘッド〜プラグ・メタルまで安心してぶん投げれるので、今後はこちらを使っていくと思いますわ♪

対馬遠征のメインラインはこれにしょ〜!

で、釣果のほうだけど、常夜灯ついて15分後くらいからアジが集まり出し、ジャックアッパー Nano 1.3g-#12尺獲ムシ2.6inのセットでポツポツ釣れ出しましたわ♪

FullSizeRender

ちょっと食わせるアプローチに癖がって、パンパンパンパン!ってジグヘッドを強めにシェイクさせるとアタリが連発。

リールを巻くのは、パンパンパンとラインを叩き糸ふけを回収するためだけって感じ(°∀°)ノ

巻きの釣りと縦の釣りの中間って感じのアプローチなのかな??

ジグヘッドの動きとしてはハイペースなリフト&フォールになってと思われます。

しかし、この動きを快適にするためのロッド角度と、チューブラ&PEラインで掛けやすいロッド角度に乖離があるもんで、アタリが出る割に掛けきれずに悶絶www

Koga氏からも、「わかっててもその角度で通すんやねwww」ってツッコまれつつゲーム続行w

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


アタリは毎投、ヒットは3回に1回ってことで、効率の良いアプローチではなかったなぁ。

もうちょい工夫すればよかったw

で・・・・・・

24時を回ったかな〜ってところでゲキ渋に┐(´ー`)┌

外気温も11度と急に冬モード・・・Σ(°Д°;)

30分ほどアタリが無い。。。

こりゃ駄目やねえ〜、ちょっと移動しましょうかねぇ=333

ちょろっとだけ移動して、常夜灯・船影・流れの要素があるポイントへ(°∀°)ノ

ここからKoga氏と僕の実力差が露骨に出ちゃいましたわ(=ω=.)

Koga氏は1.5gのジグヘッドのまま、ラインテンションの調整でフォール速度を意図的に変えてる・・・・・・・・。

今、1gくらいの沈下速度にしたら釣れるよぉ〜ってΣ(°Д°;)

テンションを張った時と、テンションを抜いた時のフォール速度差で「食わせの間」を作ることはいつもやってるけど、どの程度のフォール速度になってるかまでは意識してなかったもんなぁ。

勉強なるなぁ。。。。

ためしに、1gのジグヘッドに変えてみると・・・・

FullSizeRender

すぐ釣れるし・・・・・・・

流石やなぁ。。。。

しかし、こっちに移動してから釣れはするけどパターンが全然違う。。。。

0.8g程度のジグヘッドで、沖の明暗の輪郭をドリフトさせると・・・・・

・・・・・コツ!?

FullSizeRender

う〜ん、このアプローチって・・・冬じゃん。。。。

やっとシーズン入ったかと思ったら、いきなり「冬モード」かいなΣ(°Д°;)

沖の暗部までキャストして、明暗の輪郭部分をドリフトさせていくと・・・

・・・・・コツ!

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

うん、アジはどうやら沖の明暗輪郭部についてます。

この輪郭部分をどのように攻めるかが重要(°∀°)ノ

僕は自分の得意パターンの糸を出しながらのドリフトを選択しましたわ。

タックルは持ち替えてですけどね♪

BCR-56に、エステル0.2号を合わせておりました!

水温の低下で夜遅くなると「冬パターン」になってるのかな?って思ったけど、Koga氏に聞くとこれは時間帯の問題だよと(°∀°)ノ

時間的に活性が下がってるから、一時的に「冬モード」になってるみたいです。

なので、また翌日の夕まずめ以降は、いつもの1.5gの派手なアクションに食ってくるはずですわ!

深夜1時くらいからは「居るけど食わない冬アジモード」が楽しめますねぇ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

入れ食いも楽しいんだけど、この難易度がまためっちゃ面白いんですよねぇ〜!

どうやってアタリを出すか?

どうやって食わせるか?

この楽しさを覚えちゃうと・・・・・・・

もう中毒ですなw

この日はまた、僕の2倍ペースでKoga氏が釣るもんだから、いつも以上に火がついちゃって、気がついたら深夜3時wwwww

2人とも翌日仕事なのにねぇw

慌てて納竿して帰宅しましたわ=333

このところの博多湾奥のアジのピークは19〜21時くらいまでですねぇ(°∀°)ノ

この時間帯は1.5g程度のジグヘッドで、ちょい早巻きフワフワアプローチか、回収速度なみのストップ&ゴーでよく釣れます。

で、23時くらいから渋くなり、24時過ぎからは軽量ジグヘッドのドリフトアプローチが有効な場面が増えますねぇ〜。

この日に関して言えば、深夜は細身のワームが有効でしたわ(°∀°)ノ

そして、翌日も・・・・・

深夜1時までKoga氏・Kuni氏とアジングしてましたが、その様子はまた後ほど♪


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ