こんにちは!

このところ、ベイトに誘われてアジも近郊まで差してきておりますし、メバルも活性が上がってきていると思われます♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

楽しいシーズンがやってきましたね〜!

風が強い日が多いですけどwww

僕もまだ家の中が落ち着かないので、なかなか思うように海に出れないでいます(((°Д°;)))

まーしかし、頭の中はアジング&メバリングのことでいっぱいなんですよね〜♪

そこで、今回はメバルもアジも、プラッギングもワーミングも、両方一遍に狙っちゃおうという、リグを紹介いたしますわ!

今回もいつものように生粋のルアーマンからするとずる〜いリグになりますww

以前、相島でデイメバルを確保した時のリグの改良版になりますわ!

そのときはちょっと沖の表層チョイ下にメバルがウロウロしており、キャロだとレンジに対してそのスピードが合わず、フロートを使わないと厳しい状況だったんですよね〜。

でも、フロートを忘れておりましてww

で、状況的にフローティングミノーで良いかな〜??とやってみたのですが、なかなかフッキングに至らない。

そこで、プラッギングをしながら、同時にフォローができないものかと考えた「プラグフロートシステム」であります。

実際にやってみると、思った以上に利点が多いリグだったんですよね〜。

リグの全容はこんな単純なもの。

image

昨年紹介した「エギダウンショットアジング」の変形リグです!!

オレンジの線が道糸で、緑色のラインがリーダーです。

普段ですと、リーダーを結んだときに、片方の飛び出た方のリーダーは切っちゃうと思うのですが、このリグを使うときは、結び目の残りをカットしません。

基本的なリグの作り方はコチラと同じなので、参考にしていただければ(°∀°)ノ

プラグに繋がる方のリーダーは60cmほど、枝になる方を30cmほどとります。

まー、何センチでもいいんですけど、割合が 2:1 程度にしといたほうがトラブルが少ないですわ(°∀°)ノ

実際に使用する時のイメージはこんな感じになります!

image

キャスト時にシンカーの役割を果たすプラグがリグの最終末端についてますので、強風時にもキャストトラブルが少ないのも利点ですわ。

アクションもいたって簡単。

基本は、キャスト後リールを2〜3回巻いたら、しばらくストップ。この繰り返し!

「連続トゥイッチ」や「シェイキングただ巻き」も有効です(°∀°)ノ

巻いている間、ジグヘッドは表層付近を泳ぎます。

ストップすると、ジグヘッドはカーブフォールに移ります。

アジをはじめとした小物がよく反応する動きですね!

プラグはそのままstop&goで食わせの間を作ることができますわ。

巻いている間は、プラグがワームを追いかけている様に見えるんじゃないかな〜と。

競争心を煽ることができてらた良いんだけど、そこはわかりませんわww

で、巻くのをやめらたワームが弱ってフラフラ落ちてくる感じを演出。

どちらに食ってきてもOK♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジの場合はほぼワームの方に食ってきます。

メバルはその時によるかな〜といった感じですね。

メバルに特化するときは、巻いた時に少々沈むように「フローティングミノー」を使うのもおすすめです。

巻くのをやめた時に、ワームがイレギュラーなアクションをしてくれます。

一瞬カーブフォールした後、上に引っ張られていっていきますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

メバルは垂直に上がるものに対してもよく反応しますので、場合によっては非常に有効ですわ!

プラグで釣りしたいけど、坊主は嫌だ!って方にはオススメかもしれませんわww

ちょっとズルイ釣り方ですけどwwww

でも、今時期のようにベイトについてアジもメバルも入ってきるような状況では有効ですわ!

強風にも比較的強いリグですので、何かの時は役に立つかもしれませんw

昨年は使用しなかったリグですけど、ここ2回の釣行で得た感覚からすると、今季はまたしばらく活躍できるリグかな〜と(°∀°)ノ

まー、プラグだけで釣れてくれればそれに越したことはないですけどね!

糸島方面はどうやらある程度安定してアジも釣れているようなので、「プラグフロートシステム」を引っさげてシャローエリアをランガンして回りたいですわ〜!

あ、「プラグフロートシステム」は表層〜表面直下30cmを効率よく攻めるためのリグですので、中層以下を攻めるためのリグも準備は必要ですわ(°∀°)ノ


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪