ぽけっとの小物GOMOKU日誌 〜博多湾〜

博多湾を中心に、あの手この手でちっこい魚を釣り歩く僕こと「ぽけっと」の釣りの記録です。 ちっこいルアー好きです! あれこれ釣れるから! ちっこいのも釣れるけど、たまにデカいのも釣れる。 難しい釣り用語や道具については詳しくないですが、楽しく小学6年の息子と釣りしてまーす\(^o^)/ 最初の一匹、釣れないときの一匹、のお役に立てば幸いです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

メバリング

室見近郊の釣り場でアジング♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ でも釣れたのは予想外の・・・デカメバル!?



こんにちは!

昨日は久しぶりに室見で仕事を終えまして、ちょろっとだけどこかに近くの釣り場に♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ちょうど友人Vも同じタイミングで仕事を終えていたようなので、現場で合流することに。

この辺りの釣り場はほとんど来たことがないので、友人に釣り場を教えてもらいましたわ!

ほうほう、こんなところに釣り場があるんですなぁ〜(°∀°)ノ

現場に到着すると・・・・・・

あれ??

K氏がいるwwwww

もー、こんな寒いし、雨も降ってるのに・・・釣りバカやねぇ〜w


何か釣れたか尋ねてみると、40cmくらいのでっかいイシモチと20cm超えているアラカブ!!

おー!!魚豊富ですな♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

アジは???

・・・・・・あれま、アジはお留守なんですなw

同時にV氏も到着しましたので、さっそくアジングの準備!

僕は2セット。

1gオーバータックルとして

BlueCurrent 53/TZ 17' ソアレ CI4+500SアンバーコードSG0.2号、フロロ0.8号リーダー。

0.8g以下タックルとして

56ファインダー17セオリー 1003JOKER0.2号、ナイロン0.8号リーダー。

話によると、足場は敷石がゴロゴロ入っているので、ボトムを攻めすぎるとすぐに引っかかるとのこと。

ふ〜む。

敷石の入ってる距離を教えてもらってから釣りスタート。

まずは根掛かり防止と、流れの出方を把握するため、56ファインダーにアジデント 0.8gで様子見。

ワームはまずはアピール重視でアジピン3.0インチ

キャスト!!

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

意外と深いなぁ。

・・・・

あ、やっと着底。

ボトムを引いて来ますと・・・・

砂地かな??

・・・・ヌメっと引っかかるけど、すぐに取れる障害物がある・・・

これは海藻かな?

しばらく広範囲にリサーチを掛けて、ある程度ボトムの地形を調べます。

0.8gフルキャストの着水地点と、手前のゴロゴロ敷石の半分より手前、右サイドには海藻が生えているエリアがあるようす。

左サイドの敷石は隙間が少々大きい様子(°∀°)ノ

流れは左から右へ。

アジ回遊があるなら、海藻帯のエッジから敷石の先かな〜??

・・・・・・・・・

・・・・・・

久しぶりにある友人3人と話しなが30分ほど投げるけど、僕にはアタリな〜しwww

V氏はその間にデカイカサゴとテナガタコをゲット♪

しかし、アジの回遊ありませんなぁ〜(=ω=.)

・・・・・・

あれ??

なんか急激に流れが強くなったぞΣ(°Д°;)

0.8gじゃまったくボトムに付かなくなったwww

ロッドを53TZに持ち替え、ジグヘッドをアジデント1.0gへ。

ワームはフィジットヌード

・・・・・・

う〜ん、1gでも流されすぎwww

しかし、重たくしすぎると、手前の敷石をスローに攻めることが出来ないし。

もどかしいなぁ┐(´ー`)┌

しばし、1gで探るもレンジが攻めたいレンジにうまく合わないので、 ストリームヘッド 1.3gにチェンジ。

ジグヘッドを重くした分、スローに落ちるように、ワームをキメラベイトに変更。

これで、海藻帯のエッジと、海藻帯の少し上のレンジを攻めます(°∀°)ノ

基本的な動作はただ巻き。そこにシェイクを混ぜます。

巻き巻き・・トトト。巻き巻き・・トトト。。。トーン!?!?

ん!? なんだこのアタリ??

投げるたびに同じアタリが出ます。

う〜ん、結構強くひったくるようなアタリが出ますが、一瞬引いた後すぐ外れるww

こりゃヒイカですな。

レンジをV氏に伝えると、やはり同じようなアタリが出るとのこと。

ある程度群れでいるんですな(°∀°)ノ

ヒイカは無視して、アジの回遊を待つのですが・・・来ないwww

・・・・・が、突然。。。

ウィードの少し上のレンジをシェイキングで巻いていると・・・ゴン!?

ん?!

あれ? ぼちぼちパワフルに引くけど25cmクラスのアジ!?!?

にしてはスピードが遅いしトルクが・・・・

慎重に寄せてくると・・・・・

image

メバル〜〜!!!!!

しかもデカイ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

23〜24cmくらいありますわww

僕のヒットと同時に、V氏にもドスンとデカメバルが掛かりましたが、惜しくもラインブレイクΣ(°Д°;)

僕よりデカイのが掛かった模様。

どうやらアジの代わりにメバルの群れが入って来た様子ww

しかし、その後が続かず納竿┐(´ー`)┌

3人とも坊主じゃ無くて良かったですわw

いや〜、新場所はわからないことが多くて楽しいですね〜♪

ここのポイントについては、アジが居つくようなポイントではないと思いますが、アジが好んで回遊してくる場所だろうな〜と思いましたわ。

敷石含む駆け上がり、ウィード、強めの流れ、薄い灯。

デカアジ出そうですよね\(^o^)/

今回はベイトが全然見当たらなかったのがちょっと気になりましたが、このポイントなら多毛類やプランクトンも多いと思われるので、流れ次第ではベイトなしでも色んな魚寄って来そうですね〜。

また今度覗きに行ってみよ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪


にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 

干潮直前!?糸島手前エリアで短時間アジング!! タイドグラフ見間違えたΣ(°Д°;) それでもアジは居るのですなww



こんにちは!

今回はやらかしてしまいましたわ〜www

タイドグラフの日にちを見間違えるという・・・・・・Σ(°Д°;)

・・・・・・・・・・・・

ちょうど満潮あとの下げが効き始めるくらいのタイミングでエントリーして、1時間程度アジの入り具合をチェックして帰ろうかと思ったんですがね。。。。。。

実際は、到着したら干潮寸前ってwwww

・・・・・・・

・・・・・・

土曜日の夕方に、仕事上がりにちょろっとお邪魔した友人のお店でアジングの話になりましてねー。

タイドグラフをのぞいてみますと、23時頃に満潮となってます。

こりゃ、晩飯食べて、仕事の後片付けしてから家を出ればちょうど満潮の後から1時間くらい楽しめるね〜って事になりましてね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

友人も新しいライトゲーム用のタックルとして、一誠 (イッセイ) 碧 IUS-70XULS-L-HNを入手しておりましたので、鱗付も兼ねてちょうどいいね〜と盛り上がり帰宅。

バタバタと、仕事の後処理をしつつ、風向きのチェックをしようとタイドグラフに再び目を通しますと・・・・・・・・・ん??

ん??

げ、1週間先のタイドグラフ見てた(=ω=.)

うーん、こりゃー東浜エリアのアジングは厳しそうだな・・・・。

まー、メバルなら獲れるでしょうけど、2人で行って二人とも満足するほどは出ないだろうな。

潮位的に┐(´ー`)┌

まーそれでも坊主はないから、鱗付は出来そうだなということで出発=333

現場到着しますと、ものすごい濃霧(((°Д°;)))

お化けでそう!怖い└(°3°)┘

けど、それは完全に無視してタックルセットw

僕は今回も竿一本で全魚種やりましょ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

DFR−511ルミナシャイン0.3号を装着!

リーダーは銀鱗 1号

友人は2タックルで挑みますわ!

碧 IUS-70XULS-L-HNとソアレエクスチューンS610L-S にエステルライン0.3〜0.4号といった感んじ。

ハネエビロッドむっちゃ綺麗ですね〜! 

ラメが施されてキラキラしとります♪

ちょろっと振らせてもらいましたが、非力な僕にはちょっと重かったですわ。

重さのせいでちょろっとスポイルされる感度も出てくるかと思いましたが、僕のアジングスタイルですとあまり金属的な好感度は求めてないので、特に問題とは思いませんでしたね〜。

ティップが意外と柔らかかったので、ただ巻きのメバリングにも十分使えそうです。

7fのロッドですが、近距離でのアジング(ライン放出量が短い状況)にも対応しやすい印象です。

長さを生かした戦法から近距足元戦まで、オールマイティーロッドって説明がもっとも端的な表現かもしれませんね!

ライトエギングロッドをアジングロッドに進化させた感んじかな〜。

ショートロッドの取り回しの良さに慣れてる方には、少々扱いづらいかもしれませんねw

ハネエビのようなダート運動をさせる攻め方ですと、アジのみならずシーバスを始め大型のフィッシュイーターも頻繁に掛かってしまうことも想定されるので、ガッチリしたバットを持つデザインになっちゃうのは仕方ないでしょうね〜。

それをあくまでアジングに向けた仕上がりするってことで、ティップ部分は柔らかく仕上がっているのかなぁ〜。

それに、キンキンに硬いティップじゃダート幅も広がりすぎますしね。

トータルで考えると、ある程度重たいのも納得かなぁ(°∀°)ノ

ロッドの簡単な感想は置いといてww


さて、まずは友人にオススメポイントを打ってもらうのですが、なかなかアタリが出ない様子。

・・・・・・・

ちょっと歩きまして、別のポイントを打ってもらうう・・・・グググ!!

お!引いてる引いてる♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

・・・・・プツΣ(°Д°;)

あら、フックアウトした模様・・・。

なんか変な引きだったなぁ・・・もしかしてイカ???

ある程度のポイント&ラインを説明したところで、僕も後追いでポイントを打っていきますわ。

ジグヘッドはアジヘッド電撃 0.6gをセット。

ワームは潮位も低いし、ボトム付近にいるメバル&アジを想定し、長めのパラワーム ソフトピンテールを装着。

これを明暗差とボトムのストラクチャーが絡むところにキャスト!!

・・・・・・着底。

ここから3回しゃくって、スローただ巻き。。。。。

・・・・・・・ゴス!!

よっしゃ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

こりゃメバルですなw 質量のある引きですわ\(^o^)/

image

うーん、湾奥にしては良型といえば良型だけど、20cmちょいと切れてますわ(°∀°)ノ

ここのポイントでメバルが先に食ってきてしまうとなると。。。。。

アジは粘っても可能性が薄いなぁ。

ってことで、すぐに移動を決断www

糸島の手前まで走ろう=33333

友人もすぐに納得してくれたので、干潮潮止まり前の可能性に掛けて高速でGO!!

1時間後到着・・・・。

釣り人めっちゃ多いですww

まだ1回しか来たことのないポイントなので、回遊コースは把握してませんが、前回の釣行で底地形はある程度把握してますわ!

でも駆け上がりに絡むラインを通せる場所は人がいっぱい(((°Д°;)))

仕方なく、とりあえずキャストできそうな場所にエントリー!

潮位が低く2mほどしかない上に、水が綺麗なので夜なのに底が見えてますわ・・・。

これは普段のアジングと逆アプローチで、常夜灯が効かないポイントを探した方が良いですね。

へそ曲がり作戦なので、これなら他の釣り人とはかち合わないのでエントリー場所に困りませんねw

とにかく

「暗いところ」で「流れがあるところ」



「暗いところ」で「障害物があるところ」を基本として回りますわ!!


地合いもとっくに過ぎてると思われますし、港全体が明るすぎるため、アジが一定のところに長く留まる要素も少ないと予想されますしね。

「居つき要素の強い個体」を狙わないと坊主をくらいそうwww

そうなると、アジングでもメバリングに近い要素を持つゲーム展開になりますね(°∀°)ノ

大型のアジは狙えませんが、小型のアジを狙うのならば、このタイミングなら駆け上がりに絡む場所よりも、こっちの方が数が出るかな〜と。

さて、まずはレンジを把握しなければ!

まずは0.9gのジグヘッドで、常夜灯の届かない範囲を攻めていきますわ。

「居つき傾向の強い個体」を狙って行くので、僕の基本スタイル「動かさないアジング」でじっくりをワームを見せていきます。

するとカウント5のレンジで潮が手前に押してるようですね。

ラインテンションの抜けが早い。

気持ち竿を立てていくスピードを上げ、流れに沿わせてドリフトさせておりますと・・・・・コン!!

よっしゃ!!!!

image

幸先よく1投目からアジゲット!!

友人にレンジを伝えると、すぐに友人もアジヒット!!

二人ともこれで坊主は回避ww

あとは数を伸ばせるかどうかですね。

予想通りに常夜灯の効かないエリアで、しかも漂うワームに好反応を見せたので、もっと暗いエリアを狙いやすい場所に移動。

このポイントからのキャストだと、潮も手前に押してくるので、ドリフトもさせにくいですしね〜。

ってことでできるだけ潮を横から受けるポイントにエントリー。

堤防に当たる潮と、帰る潮でできる潮目も今回の重要なポイントになりますわ(°∀°)ノ

ドリフトメインで「ゆっくり見せるアジング」をするので、飛距離も必要ありませんから、ジグヘッドをサイズダウン。

0.55gに変更。

カウント7程度でラインが引き込まれていく潮がありますね〜。

そこを中心に探りを入れますと・・・・・・コツ!!

image

よっしゃ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

すぐに友人にポイントをゆずり攻めてもらいますとしばし連発!!

しかし、東浜エリアのアジよりもサイズが小さいなぁ(=ω=.)

ごくごく狭いピンスポットで食ってくるため、二人で攻めるのは厳しく、僕はしばし港の地形確認をしつつ、アジ散歩♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

単発で暗闇から豆アジをポツポツ抜いていきます(°∀°)ノ

潮が止まるまで実質30〜40分の釣行でしたが友人もその間に10匹程度メバル含めてアジを掛けることができましたのでよかったですわ〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

「鱗付」無事に完了であります!

潮止まってからも20分ほど粘りましたが、猛烈に風が強くなったので撤収いたしましたわ!!

このところ急に荒れたりするので困ったもんですね〜(((°Д°;)))

しかし、糸島エリアはアジ安定して回遊しておりますね!

干潮直前でもまだ漁港内に少量ですが群れが止まってましたしね!

もっといいタイミングでアジングしたかったですわ〜。

まさかタイドグラフの日付を見間違えるなんてwww

行って損は無かったですけどね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪

 

東浜エリア、春アジング開幕!! & 風を使ったラインドリフトで、竿抜けポイントの良型メバルを狙い撃ち!!!



こんにちは!

昨日は雨&強風のコンディションではありましたが、東浜エリアのアジの入り具合が気になりましてねぇww

ちょろっと仕事帰りに東浜エリアでアジング&メバリングを強行いたしました(°∀°)ノ

外歩いてても、たまーに風が弱くなるタイミングもありましたので、どうにかなるかなぁ〜ってのもありましたのでね。

それに、東浜エリアのオープンエリアでのメバリングですと、少々荒れたほうが大型のメバルが釣りやすかったりもしますので。

大型といっても25cm止まりですけどねwww

それに荒れたほうが釣れるというのも、単純に釣り人が少なくなるから、プレッシャーが減って釣りやすいだけなのかもしれませんけどw

ただ、風がある程度あれば、普段攻めることができないところまで軽量ジグヘッドを飛ばせたり、普段なら攻めることができないポイントの表層をドリフトさせることができたりとメリットもありますもんねぇ〜。

ってことで、今回は良型狙いのメバリングとアジングの短時間2本勝負でございます!!

今回は前回と違い、潮位はある程度高いですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

さて、まずはどこのポイントにエントリーするかな〜??

まずはアジングから様子見するかな??

風はかなり強いですが、「ただ巻き」がベースのアジングですので、ロッドティップを海面すれすれに下げてゲームすればどうにかなるかなぁ(=ω=.)

今回はロッドは1本しかもっていきませんわ!

時折突風が吹くので、ロッドスタンドが倒れる可能性もありますのでねぇ。

ってことで、ロッドは自分の腕にもっともしっくりきてるDFR−511で全ゲーム通しましょ!

ラインは風の影響を少しでも減らすために、もっとも手持ちで細いエステルラインであるルミナシャイン0.2号で。

リーダーは0.8号のナイロンラインでいきます。

ジグヘッドはアーミーフック♯14と大量にストックが残っているアジヘッド 電撃の各サイズを使って行きますわ!!

アジヘッド電撃、二年ほど前にワゴンセールに掛かってたので5パックくらい買ってたんですwww

でも、どうしても普段のアジングにおいては自作ジグヘッドの方が若干フッキング率が高くてですねw

しかし、このところのアジの様に、反転する様な食い方をしてくるのならオープンゲイプのフックにこだわる必要ないし、むしろフックがアイの方に向かっている(ネムリ針でのスライドフッキング)ほうがバレにくいかもしれないなぁーと。

ただこれ(アジの上顎にスライドフッキングさせる事)には『ラインの遊び』が必要不可欠かと思います。

ただ巻きの中にもロッドとラインの角度の調整で「重力を用いたラインの遊び幅」を確保する技術を持っていた方が良いですね。

でも、これは経験が必要になるはずです。

何年もライトゲームされてる方はたぶん「あーね!」って感じか、「意識せずにできている事」だと思いますが、初心者には「何??意味わからん?」って感じだと思います。

でも大丈夫、繰り返し釣行しているうちに感覚で覚えてしまうはずです。

それを理論的に覚えるか、感覚的に習得するのかの差だけですわ♪

そう考えると『ただ巻き』って実はものすごく高等テクニックでもあるんですよね〜。

難しいとか難しくないとかの話ではないですけど。

他の話で例えますと、手を縮めて前に出すのが「正拳突き」ですが、同じ筋力と体格の人間でも、格闘技経験者の「正拳突き」と素人との「正拳突き」は全然威力が違います。

でもうまいこと当たればどっちも「痛い」ですwww

そんな感じwww

派手な技をいくら練習しても、基礎の「正拳突き」はなかなか強くなりません。

基礎の「正拳突き」をバカみたいに何年も何年も練習し続けて行く必要があります。

基礎の強化は「繰り返しの反復練習」と「少しずつの気づき」を積み上げていく必要がありますわ!

釣りも同じでありますので、初心者はとにかく一回でも多くキャストを繰り返して経験を蓄積してほしいであります♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕も脱初心者を目指し頑張ってる最中であります!!

あ、すっごい話逸れましたwwww

さーて、今日のワームは何にしようかな〜??

いつものごちゃごちゃケースを覗いて・・・・

image

一口サイズで食いやすさを重視するか、大きく長く目立つものにするか。

迷った時は適当に取りやすいワームをwww

アジリンガーヴィクトリーが一番上にあったのでこれでw

さーて、まずは1gで攻めますか!

風が弱くなるタイミングを見計らって、明暗差の先&流れのヨレが発生している場所にキャスト!

カウント5、結構ジグヘッドが押されてますね。

十分流れがあります。

風の影響を避けるため、ロッドティップを海面にすれすれに下げてただ巻き。

一秒間に1回転のレギュラースピードで巻き巻き・・・・・。

・・・・・・・・コン!!!!

よっしゃ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

幸先よく一発目からヒット!!!!!!

image


げ!!クーラーボックス忘れたΣ(°Д°;)

しかもトングもクーラーに付けたまんまやった・・・・・。

しかたない、フォーセップで掴ませてもらうか。。。。。ごめんよ。。

うん、アジやっぱり入ってますね!

良い傾向です♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

しかし、同じレンジで5投しますがあたりなし・・・・。

うーん、やぱり足が速いなぁ。。。。。

今度はキャストする場所を変えましょう。

ちょっと歩いて、船道に掛かる流れのヨレのポイントを攻めます。

ここの表層〜5カウント刻みでレンジを下げていきますと、カウント10で・・・・・コ!?

んー、乗らなんだ・・・(=ω=.)

風が強くてやりにくいなぁ。

ロッドティップを海面まで下げざるを得ないので、十分なラインの遊び幅が確保できません<(TдT)>

それに合わせ遅れてしまいます。。。。

でももう1匹は掛けないと、群れが接岸してるとは言えないもんなぁ。

よし、「ただ巻き」から「シェイキングただ巻き」に切り替えて、ラインの遊び幅を確保しましょ!

これでどうかな〜???

キャスト!

再びカウント5からレンジを刻み出しますと、さっそく・・・・・・・・コン!!

よっしゃ!!!!

image

おー、食った食った♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

うん、間違いなく群れの定期回遊コースに東浜エリアは入っていますね!

とりあえず、2匹掛けたのでやりにくいアジングは終了して、良型狙いのメバリングに切り替えましょう!!

タックルは引き続きDFR-511でまいりましょ。

ラインだけルミナシャイン0.3号に強度アップさせましょ!

できるだけタモを使わずに引っこ抜きたいのでねw

さーて、メバルのポイントまでメバ散歩だ=3333

しかしよく降る雨だな。。。。。

風は若干ましになったけどww

まずは表層レンジから探っていきましょうかね。

経験から、ここの良型メバルはちょっと荒れると海面直下を意識していることが多いですわ(°∀°)ノ

予測ですが、堤防のキワに付いている虫やらカニやら大型プランクトンが波にさらわれて流れてくるからそれを食べようと浮いてる気がするんですよ。

なので、ベイト付きのタイミングではあるのですが、水平移動よりも「ドリフト」に近い誘い方でアプローチしましょ!

まずは風にのせて、0.6gのジグヘッドをキャスト!

・・・・・・・風に乗ってよく飛ぶことwww

イメージとしてはこんな攻め方


image


キャストの後、しばらくラインを出しながらより奥の竿抜けポイントまでジグヘッドを送ります。

①沖に出る風を意図的にラインに当てることでジグヘッドの沈下速度を遅らせながら、浅いレンジのまま竿抜けポイントまでジグヘッドを送り出します。
(ラインを帆に見立てジグヘッドをヨットみたいに操作します)

②ある程度狙いのエリアまでジグヘッドを送り出したら、そこからラインを送り出すのをやめ、ロッドティップを下げ、海面から出ているラインの総面積を少し減らし、潮の流れにジグヘッドを乗せてカーブドリフトをさせていきます。

普段は届かないエリアでの釣りですね!

フロートをうまく使えば普段でもできるのでしょうけど、アタリの取りやすさ、引き味の楽しさが全然違いますもんねぇ〜。

今回は少々難しい釣りですが、これで連発www

まずはいつも通り、手前の明暗差、カウント5で・・・・・ゴン!!

よっしゃ!!!

IMG_0384

んー、20cmちょっと切るかな〜ww

でも良型ですわ!

次は・・・・・・

①の風を利用したラインドリフトの最中に・・・・・・ん??

なんかラインのはらみ方が変になったな??

ベールを戻して聴き合わせしてみると・・・グイグイ!!!

よっし♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

よっしゃ!!

20cm超えてきた〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 

こりゃー楽しいwww

長い距離引っ張ってくるので最高ですね!

ロッドも良く曲がってくれるので尚更たのしいです♪

今度は②のドリフトに切り替えてすぐのタイミングで・・・・・・ゴン!!

image

やっほー♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

こちらも20cmクラスですわ!!!

やはり竿抜けポイントには良い型が居ますね♪

タモを使わずに引っこ抜いていたので、ここで一度ラインチェンジ(°∀°)ノ

どうしても、タモを使わずに良型メバルを抜いていきますと、重さがある程度あるのでリーダーの結び目がどんどんキツく締まっていくので、強度が落ちていきますもんねぇ。

ある程度毎に交換しないとリーダーの継ぎ目からプツリといきますw

ワームもボロボロになってきたので、ジグヘッドごと交換しましょ!

4投ほどハズレを引いたのち、また②のカーブドリフトに移ってすぐに・・・・・ドン!

よっしゃ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

よーし!! これまた20cm超えてきましたね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

うーん、最高ですわ〜♪

僕の技術ですと、東浜エリアでこのサイズが連発なんて滅多に無いですからね〜!!

ここでお腹がすいてきたので納竿!

いやー、本当におもしろいメバリングでしたわ〜!

昨年のアジング最盛期に風を利用した「ラインドリフト釣法」を思いついたのがここで役に立つとは思いませんでしわ\(^o^)/

ライトゲームには大敵の強風でしたが、今回は大きな味方になってくれましたわ!

風向きと潮の向きがたまたまドンピシャだったから釣果に繋がった感じですね。

いやー、今回も本当に楽しかったな〜。

メバルも良型がしっかり接岸してきているのも確認できたし、東浜エリアがアジの小規模回遊ルートに含まれている確認も取れました!!

これからの博多湾はライトゲームが熱くなってきそうですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪


にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
← 写真をクリックで応援いただけるとうれしいです♪

 
livedoor プロフィール
こんなのもいかが??
最新記事(画像付)
こんなのもいかがでしょ?
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 爆風の中、東浜エリアをうろちょろ見学(=ω=.) 船だまりエリアにはまだ豆アジ居ますの(°∀°)ノ
  • 爆風の中、東浜エリアをうろちょろ見学(=ω=.) 船だまりエリアにはまだ豆アジ居ますの(°∀°)ノ
  • デカメバル確保のち・・・・カモメで豆アジング!!土砂降り寸前にアジ確保♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • デカメバル確保のち・・・・カモメで豆アジング!!土砂降り寸前にアジ確保♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • デカメバル確保のち・・・・カモメで豆アジング!!土砂降り寸前にアジ確保♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • デカメバル確保のち・・・・カモメで豆アジング!!土砂降り寸前にアジ確保♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • デカメバル確保のち・・・・カモメで豆アジング!!土砂降り寸前にアジ確保♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • セオリー1003の本当の重さは160g・・・・┐(´ー`)┌  それでも良いリールではあるんだけど、何か残念(´-`).。oO
  • セオリー1003の本当の重さは160g・・・・┐(´ー`)┌  それでも良いリールではあるんだけど、何か残念(´-`).。oO
記事検索
知らないエリアで釣りしたい(°∀°)ノシ 安ければ行くのにw
livedoor 天気
クリックで応援いただけると励みになります!
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日常生活だよー。
ブログランキング挑戦中〜♪ クリックで応援お願いします♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
楽天市場からのオススメ! なぜ分かる!?Σ(°Д°;)