こんにちは!

三連休も終わってしまいましたねぇー。

僕は土日は法事で潰れちゃったんですが、昨日はちょろと北山ダムへ子供達と行ってまいりました!

今回も前回の北山釣行と同じく、出発はお昼からww

三連休の最終日だからそんなに渋滞しないだろうと思ってましたが。意外とねぇ┐(´ー`)┌

やっぱりそれなりに混むんですなww

結局到着したのは13時半頃。

幸いボートは混んでおらず、すぐに借りることができました!

しかし、前回も思いましたがダムの水少ないなぁー(°д°|||)

今年の頭にボート乗り場になっていた場所は、干からびちゃって地面になってますwww

なもんで、ボート乗り場までが遠くて遠くてΣ(°Д°;)

それなのに、ボート乗り場に到着したところで、車の中に忘れ物をしたことに気がつく・・・・・。

「あ、ワーム忘れた・・・・・・」

・・・・・・・・

・・・・・・

いいダイエットですわwww

ボートに乗り込む時にはもうヘロヘロwwww

さーて、息切れしながらボートに乗り込みまして、いざ出発!

子供達もボートを漕ぎたがりますが、ワカサギ釣りもアジングと一緒で釣れる時に数を伸ばさないといけませんので、最初の群れを引き当てるまでは急いで移動したいので僕が操舵手♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

まずは手前の駆け上がり付近を攻めてみますかな!

ちょうど行きたい場所に、先行者がおられます。

近くまで行って話を聞くと、「釣れてますよー!」だって\(^o^)/

ちなみにこの先行者は、小学5年生ww

ボートハウスのアルバイト君の弟さんだそうな。

いやー、釣り上手ですわwwwww

こりゃ、負けられませんね\(^o^)/

早速息子たちのタックルをセット!

4年生の長男は、160cmの筏竿に市販の7本バリのワカサギ針セット。

ワームは前回の残りの紅雪IIをつけます。まだ2/3以上残ってますなwww

1年生の次男には、トラウトロッドに、ライトゲーム4lb、針は長男と同じく7本針の2号。

僕は、AJPR-56SArmored F+0.1号、リーダーはナイロンの0.8号に市販の7本針を2号を装着。

前回はピンキー 0.2号を使用しましたが、よくよく考えると、ボートからの釣りなので、穂先から海面までの距離も近く、垂直方向への釣りを展開するわけなのでより伸びないPE素材を使ったほうが有利かなと。

シンカーも1.5g〜5gを使うから、PEであっても浮力や水のライン押しもさほど気にならないかなと。

まだまだワカサギ釣りは試行錯誤なんで、色々試してみたいのでww

さてさて、早速実釣開始!

image

いい感じの曇天であります。

ワカサギはどんなかね〜。

最初に長男が仕掛けを落とすと、ボトムに着くとすぐに・・・グングングングン!

すっごい穂先が入り込んでますねー♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

回収しますと、7本中5本にワカサギがwww

しかもこのサイズばかり!

image


3年魚サイズですΣ(°Д°;)

北山ダムはブラックバスがかなり減っているらしく、ワカサギの長寿化が進んでいる模様w

これを考えると、ブラックバスって本当に在来魚を駆逐しとるのかねぇー。

そうこうしていると、次男の竿にもワカサギがどっさりかかってますww

長男は自分で全部してくれるので手間いらずなんですが、小1の次男は狭いボートの上での針外しは危険なので、僕が針外し係w

なかなか自分の竿を触る暇がないくらいに釣れ続けますね\(^o^)/

しかし、やっぱり群れが出て行ってしまうとシーン・・・・・・。

30分ほど入れ食いタイムがあり、この時点で150匹ほどゲットw

毎回5匹くらいの魚が付いて上がってきますのでねー。

竿2本で15回も上げ下げしてたらすぐにこの数になちゃいますね(°∀°)ノ

さーて、この釣れなくなってからが僕の出番♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

餌で釣られてる方もアタリがない様子。。。。

でも、全くワカサギがいないということはないはず。

まずは、フォールでゆっくり見せるためにシンカーを1gまで落とします。

これでボトムを取り、すごく細かい痙攣するようなシェイクを入れて、ステイ・・・・クク!

ほれきた♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪」

この細かいワームの揺れには反応する様子。

揺れている最中は食いませんねー。

シェイクからピタッと止めた時に食ってきます。

しかし、1gのシンカーですと3年魚が3匹かかると仕掛けが絡まる・・・・。

仕方なく1.5g → 2gと徐々にサイズをあげて仕掛けが絡まない最低限の重さを探ります。

結果2gだとOKでしたが、食いが悪くなりました・・・・。

この時点でも餌は不調の様子でしたが、ワームでやってる僕はある程度コンスタンスに釣れます。

やはり、ある程度アクションさせて食わせの間を演出した方がワカサギも良いようですね!

シンカーを2gにしてからペースが悪くなったで、これをカバーする方法を考えます。。。。。

シンカーのサイズアップでフォールが早くなり、それでフォール中のアタリが減っただけなら、ラインを指で押さえながらゆっくり落とせばある程度カバーできるはず。。。。やはりそれでも食いが悪い。

ってことは原因は別にあるはず。

少し漂う感じが必要なのかもしれません。

でも、胴付き仕掛けなので、完全に漂わせるのは難しいですよね。

でも、ある程度ラインを緩めれば全体を漂わせることはできますよね!

image

これですと、2gシンカーでも再びかかり始めました。

アクションさせてから、ラインを緩めて漂わすと掛かる・・・・・。

しかし緩んでいる間のアタリが分かりにくく、おそらく掛け損ないが多いはず。

そこで、一工夫してみることに♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ラインテンションはキープしたまま、サビキ部分だけラインテンションを抜いておく方法。

「多段シンカーサビキ」ってところですかねー。

やり方は簡単で、サビキの竿側のサルカンの上に4Bのシンカーを打つだけ。

絵で見ると、僕の狙いがわかりやすいですかねー\(^o^)/

針のあるところだけを部分的に漂わせたかったんですねー。

image

これ、前回のワカサギ釣行の時に思いついてたんですよ\(^o^)/

なので、今回はしっかりガン玉も揃えてきてたんですよねーww

今回使用したガン玉は4B。

こうしますと、アタリがとりやすく、仕掛け全体を漂わせるよりペースが上がりました!

やはり、「アクションからの静止」よりも「アクションからの漂い」の方がより食いが立つ様子。

餌でも食わなくなったと、先行者の男の子が言っていた間も、これだとポツポツワカサギを拾っていくことができました!

渋くなった時の有効な手段となりそうですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

30分ほど渋い時間が続きましたが、その後、再び群れが入ってきたようで、誰の竿も曲がり始めました\(^o^)/

しかし、この地合いも5分程度・・・・。

うーん、なんともムラがありますなー。

しかし、魚道を押さえておけば、いずれ群れが戻ってきますので、ワカサギを求めてうろちょろするよりもしばらく粘ったほうがよさそうですね!

結局4時ちょい過ぎには、IKEAのプラケースがワカサギでいっぱいになったので釣り終了♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

200匹は楽に越えてますね!

重さにして2kg程度Σ(°Д°;) 水を全部抜いても重たいw

image

これだけ釣れれば楽しいですね!

しかも実質最初の1時間で半数以上を釣ってますww

今回も到着直後に当たりを引いたようですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

くじ運の強い次男のおかげかなw

途中でゲストのブルーギルなんぞも竿を曲げてくれて、子供達は大満足w

image

釣りの後はしばし子供2人にボートの操船を任せて舟遊びw

これがまた子供達には楽しいようでね!

連れてきてよかったな〜と毎回思いますわw

家族3人で3,500円のボート代が玉に瑕ですがねww

でも、ちょっとご飯食べに行ってもこのくらいかかりますもんねぇー。

僕の博多湾釣行はあれだけ通って、月に3千円程度ですからねΣ(°Д°;)

ま、陸っぱりと比較できませんわなww

今回も子供とワカサギを釣り倒しましたが、博多湾の様子はどんなかな〜?

アジはどうだろ?

メバルは帰ってきたかな??

あ、ヒイカも久しぶりに食べたいなぁーwww

でも、ワカサギもまた行きたいw

今から12月中旬あたりまでが良いんじゃないかな??

例年になく大きなワカサギが釣れている状況らしいので、お時間ある方は是非一度www 

アジングタックルにワカサギ用のサビキ、ワームの切れ端でやれますから、一度やってみて損なしです!

腕の差も出るテクニカルな一面もあるので、夢中になれますw

そういえば、渋くなった時間帯に、「ゴリけんさん」が取材で来られてましたねぇ。

西郷さんの格好でww

あと1時間早く来てればめちゃくちゃ釣れたでしょうけどねー。

結果はどんなだったんでしょね??


  にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村   ← クリックで応援いただけるとうれしいです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪