こんにちは!

先日、一から帰ってきたのち、遠方から遊びに来てた友人たちと糸島エリアにナイトアジングに行ってまいりましたわ=333

遠征帰りでちょっとヘロヘロ気味だったけど、壱岐で数釣りができなかった分こちらで釣らなければwwww

京風鉄板かばでご飯食べてから出発=3333

IMG_1323

お好み焼きもチーズ焼きもまいうぅ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

さて、釣り場につきますと・・・・・・

あ、連休最終日だけど、ちょろっとだけ人が居られますな。

とりあえず、邪魔にならないように、人がいないところにエントリー。

常夜灯がしっかり効いてるポイントなので、アジの群れが港内に入っていれば回ってくるでしょ~♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

さて、今回は遠征帰りに、自宅に戻らずまっすぐ遊びに来ちゃったからエステルが0.3号のまま(*´Д`)

普段ならナイトゲームは0.2号~0.25号ですけどねぇ。

とりあえず、ロッドは BCR-56、リールは バリスティック FW LT1000S-P、ラインはピンキー 0.3号、リーダーはフロロ0.8号。

まずはストリームヘッド0.8gオクトパス うみほたるから様子見。

アジ居るかな~??

って思ったら、さっそくFPR46攻で、タイキ氏がアジ掛けとる~!!!!!

早っΣ(°Д°;)

アジ入ってますなぁ~。

って思ったら、またすぐ横で、熊本がホームのたつ氏も釣っとる(*´Д`)

ってかみんな早いって(ノД`)・゜・。

待っておくれぇ~wwww

とりあえず僕も手前の明部の先、暗くなってるポイントを集中して攻めることに。

流れがすっごいトロいんですよねぇ(*´Д`)

あまりドリフトは期待できない状況ですな。

それでも鼻先にワームがこれば食べる個体もいるでしょ~って感じでアプローチ。

0.8gをキャスト!!!!

とりあえずテンションフォールでボトムまで探ってみます。

・・・・・・・・・・

・・・・・・もぞ!?

ん???

カウント15過ぎで、にゅっと抑えるような違和感が????

もう一度同じコースでアプローチ。

カウント15過ぎでアタリがあったので、カウント15くらいから穂先を下げながら、少しフリーフォールを意識してアプローチ。

すると・・・・・・・もぞ!!!

よっしゃ!!!!!!!!!!!!!

IMG_1706

どうやら0.8gでカウント15~20のレンジにアジの群れがいるみたいですね。

で、潮が流れてないもんだから、ちょっと食いが浅いのかな~って感じ。

でも、同じアプローチで、5~6投に1回程度ヒット(°∀°)ノ

IMG_1707

まわりのみんなもこんなペースで釣れてるもんだから、規模の薄い群れが回ってきたタイミングで釣れてるんだろうなぁ~と思ってたわけですよ(°∀°)ノ

潮もほぼ止まってるから食いが浅いし。

で、なんで「回ってきたときに釣れてる」と思ったかというと、一緒に並んで釣りしてた、タイキ氏、北村氏、僕の3人がほぼ同時にアタリが出る、もしくはヒットする状況が続いていたからなのですよ。

ちょうど群れが回遊してきたから並んでる3人が同時に釣れてるんだろうな~とねぇ(°∀°)ノ

でも、しばらく時間がたつと・・・・・・・・・

僕は、3~4投に一回当たりがあるけど乗らない・・・

だのに、横で釣ってるタツ氏だけ超連続ヒットが始まりましたわΣ(°Д°;)

なんでやねん!!?

こんだけ散発でかつ、渋くて掛けにくい当たりなのに、なんでそんなに連続で掛けられるんだ????

リグが違うのかな????

こそ~っとリグをのぞき込むと、使ってるのは僕とほぼ一緒の重さ、0.7gのザ豆

ワームもジュニアかプランクトンだから僕とほぼ一緒(°д°|||)

完全に腕の差やなぁ・・・・・・・・・・・。

そう思いながら群れが回ってくるのを待ってたんですよ。

「回ってこればアタリが出るはず」

そして、

「もっと集中すれば掛けれるはず」

こんな感じに考えてたんだけど・・・・・・・

タツ氏のヒットは延々と止まらず。。。。。。。

回遊????

僕はたまに当たるけど、乗せきれず(ノД`)・゜・。

ふらっと隣にHSR63VerⅢをもって現れた家邊さんも・・・・・・

1発でヒットΣ(°Д°;)

なんでじゃ!!!??

すると、タツ氏が僕のところに来て・・・・

「アジ、回遊してるんじゃないよ」

「カウント15~20のレンジに絨毯みたいに広がってるはずよ」って。。。

。。。。。。。。。。。

。。。。。。。。


え???

でもさ、

アタリがほぼほぼ無い状態から、

誰か1人にアジのアタリが出たら、

立て続けに3人とも反応がでるのよ??

ってことは、

僕たちの前にたまたまアジが回ってきたときに、

アタリが出てるんじゃないの??

すると、タツ氏が言うには

「それは、たまたま誰かがアジのいるレンジで、アジにスイッチいれてるんだよ(°∀°)ノ」


「群れの中の1匹が、餌を食べようと反応したから、周りのアジも一瞬スイッチが入ってみんなにアタリがでてるんだよ」

「だから、アジは最初っからポケさんの前に絨毯みたいに広がっとるよ」

って・・・・・・・。

そう言って、僕の立ってたところからタツ氏がキャストすると・・・・・・・

1発でヒット・・・・・・・

そして連続ヒット(°д°|||)

ま・・・・マジで(ノД`)・゜・。

ど・・・・どうやっとるの???

教えてちょ・・・・・

どうやら、レンジは合ってるみたい。

問題は「スイッチを入れる作業をしてるかどうかってところ」

僕の頭の中は

・アジが入ってないから回遊待ち

・群れが回ってこないと反応ないから、できるだけ長くワームを回遊ルートにとどめておこう

・そのため極力レンジキープ以外のいらんアクションは起こさないようにしよう

・食いが渋いから、できるだけスローにしっかりワームを見せて鼻先を通してやろう

・軽量ジグヘッドでナチュラルにアプローチだ!

こんな感じ。


でも、実際は初っ端の推測から間違えてたんですなぁ(°д°|||)



【アジは回遊してきてるわけじゃない】



だから、そのあとの展開も間違えてる。。。。




今回の思考(釣るためのアプローチ)の正解は



【居るけど食わないアジが絨毯みたいに入ってる】


ここから考えてゲーム展開をしないといけなかったんですねぇ~(°∀°)ノ


これに気が付いてた、たつ氏のアプローチとしては・・・

・まずはカウント15のレンジまで早く届けるためにフリーフォール

・アジのレンジに入ったら軽量ジグヘッドできっちりレンジキープ

・活性の低いアジにスイッチを入れるため、アジのいる群れの中で、30cmくらい跳ね上げるリフトアクション

・リフトからのフォールでスイッチの入ったアジに口を使わせる


こんな感じ。

なるほど、スイッチを入れてあげないと駄目だったんだなぁ。。。。

「アジが居ること前提でゲーム展開してた、たつ氏」

「アジは居ないから回遊待ちと思ってた、僕」

ここでダブルスコアで差がついちゃったんですなぁ(*´Д`)

同タイミングで3人にヒットが出るって事が続いたもんで、「回遊待ちアジング」って思いこんじゃって、頭の切り替えが全く利きませんでしたわ。。。。。

反省、反省(ノД`)・゜・。

で、スイッチを入れることを意識してやってみると・・・・・・・

IMG_1708
IMG_1709
IMG_1710

ほんとや・・・・・・・・

アジ・・・・

めちゃおるやんwwwww

攻めてるレンジはさっきまでと全く一緒。

試しに、途中でリフトアクションを入れず、ただただレンジキープするアプローチをとってみると・・・・・・・・にゅ。。。。

渋ーいアタリが単発になっちゃった(°д°|||)

やっぱり要所でスイッチ入れないとアタリが強く出ない。。

今度は、途中でアクションを一回いれてあげると・・・・ゴツン!!!?

アタリ強っΣ(°Д°;)

がっつりフッキング!?!?

IMG_1711


おかげさまで、「思考の引き出し」がまた一つ増えましたわ!!!!

「同じタイミングでまわりにもヒットが続いたとしても、必ずしも回遊アジングって訳じゃないんだよ~」って事を覚えましたわww

そんな時こそ、

「やる気のない群れの1匹にスイッチが入ったのかも!?それによって群れのアジの活性が一瞬上がって周りの人にもアタリが出たののかも!?ここには活性の低いアジ絨毯が広がてる???」って疑う思考パターンも必要なんですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

でもスイッチを入れるからってパシパシ激しく動かす必要ないですわ。

サビいてレンジキープするスタイルの方であれば、頂点までサビいて立ててしまったロッドを並行ポジションに戻したときに、チョンチョンと小さくシェイクを入れる程度で大丈夫。

これでも30cmくらい跳ねあがりますので(°∀°)ノ

ずーっとパシパシ動かしてもダメだから、ここぞって時にチョンチョン!?って感じでよかですよw

いやー、めっちゃ勉強になりましたわ!!!

これからの春アジ攻略、こんなシーンもちょこちょこ挟んでくると思いますから、「こんなパターンもあるのね」って覚えておいてもらうと少し幸せになるかもしれませんわ~♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪


あ、HSR63VerⅢ、ちょろっと使わせてもらったけど・・・・・・

これおもろいねぇ~wwww

僕はFER-58で0.8g、家邊さんがVerⅢで0.6gを投げたんだけど・・・・

飛距離で負けた(ノД`)・゜・。

何回やっても負け(°д°|||)

HSRシリーズのくせに、めっちゃ軽量ジグヘッドがぶっ飛んでいくんですよwww

PSRシリーズかFPRシリーズとして出して良いんじゃないのってくらい軽量ジグヘッドも快適に使えましたわ(°∀°)ノ

もちろん、HSRシリーズだけあってパワーは折り紙付き♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

そして、タイキ氏が使ってたFPR-46攻、こちらもここ最近の34のロッドからするとずいぶんとシャープな切れ味のロッド!

コツーン!!?って明確な金属的なアタリを手元に届けてくれる超好感度ロッドなんですよ!!

4フィート台のロッドとはいえ、グリップエンドが短いことを考慮すると、バットからティップにかけての長さは実質5f前半のロッドとおなじ程度あるって考えてもらってよいかも(°∀°)ノ

壱岐でもこれで尺アップがっつりキャッチしとったし、豆アジ専用ロッドっていう表現はもったいないなぁ~って感じ。

2E953B82-5D34-4E78-AFE3-1D79B2C20E33

取り回しのよい、超攻撃的なショートロッドって思ってもらった方が正解に近いと思うなぁ~。

試投会なんかでもぜひ触ってもらいたい一本ですわ!

FPRシリーズ以降、34からしばらく離れてたって方に特に触ってほしいなぁwwww

パリッとしとるですよww

ピシピシ動かして、ぱしっ!!!?って掛けれますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ