ぽけっとの小物GOMOKU日誌 〜博多湾〜

博多湾を中心に、あの手この手でちっこい魚を釣り歩く僕こと「ぽけっと」の釣りの記録です。 ちっこいルアー好きです! あれこれ釣れるから! ちっこいのも釣れるけど、たまにデカいのも釣れる。 難しい釣り用語や道具については詳しくないですが、楽しく小学6年の息子と釣りしてまーす\(^o^)/ 最初の一匹、釣れないときの一匹、のお役に立てば幸いです♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

釣り道具・便利グッツ?

トラウト用スプーンをアジング用にカスタム♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ とりあえず、フックを自作!!



こんにちは!

昨日は釣りには行けなかったので、家でこそこそと釣り具の改良なんぞをしておりましたw

月曜のクリアブルーナイトの時なのですが、たくさんの方が参加されており、なかなか思い通りにジ自分の攻めたいトレースラインを攻めることができなかったため、どうせなら普段とはぜんぜん違うアプローチで遊ぼうかなと思い、メタルジグやプラグ、スプーンでアジングに挑戦www

僕のお隣ではHiroさんがスピンテールジグでアジにアプローチしていたのですが、結構なアタリが出ているとのこと♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

しかし、スピンテールジグはブレードが口に入らないと、なかなかフックが掛かりませんので、アタリはでるけど、フッキング出来ないという感じで悶絶www

一方僕はというと・・・・・

ザブラ ゾエア 49Sのフォールでアタリは出るものの掛からずで悶絶ww


たまに一瞬引っ張るところまではいくのですが、すぐにバレる。。。。

やっぱりフックポイントが口の中に入ってないので、スレがかりで一瞬引っ張ってる感じですね〜。

ワーム以外ではとりあえず、スピンテールジグが一番アタリが多く出ていたので・・・・

あ、これスプーンならどうだろ??

ってことに。

しかし、手持ちのシマノのスリムスイマーコンパクトは、フッコ用のニョロスプーンとしてのセティングにしているので、フックがでかいww

ダメ元で投げてみると・・・・・・

あ、やっぱりアタリは出るな♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

うーん、これフックを工夫すればそれなりのアジングとして成立しそうだなぁ〜。

ダイワからアジングスプーン ってのも出てるようですし。

ってことで、昨日はスプーンを使ったアジング用のフックを作成。

小アジ5号金と、PE1号 or フロロ3号で作成しますわ。

どちらでリングを作った方が動きが良いかわからなかったので、PE版とフロロ版を作成。

image

image

 ついでにティンセル有りと無しも作成♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

この4種類のうちどれか一個でも釣れてくれるといいけどなぁ〜(°∀°)ノ

昨年はこのフックをプラグにつけてのアジングで釣果出てたので。。。。

それなりに釣れてくれると思うんだけどww

このところ、追わせて食わせる『横のアジング』がハマることが多いので、どうかしたらこのリグが強いこともあるんじゃないかな〜と期待してるけどどうでしょ??

とりあえず、近いうちに出撃してまいりますわ♪

フロロリング版の方がフックの動きは良くなりそうな感じだけど、どんなかな〜??

楽しみ楽しみ!!!

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 

Ci4 アジングS408UL-SとS608UL-Sの鱗ずけ!! はっΣ(°Д°;) 友人の『ci4 500s』初期不良!?



こんにちは!

このところ湾奥アジング、まわりのアジンガーたちも好調ですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪ 

昨日あたりからまたちょっと気温が上がって、秋の雰囲気が日中は薄くなってますけど、海の中は秋モードの様相ですね(°∀°)ノ

福岡市内からでも1〜2時間足を伸ばした場所では、40cmクラスのアジがオカッパリからジグヘッド単体で狙えているという話も聞きますし・・・・・Σ(°Д°;)

湾奥では無縁なサイズでありますwww

ま、40cmのアジを湾奥で狙うのは難しいとしても、40cmのフッコなら十分ねらっていけるので、湾奥ではテラアジの代わりにフッコ狙っておきますわ(°∀°)ノ

メインはでもやっぱり豆アジングですけどね〜ww 

最近はプラグ&ナイロン0.8号・PE0.1号も持ち歩いているので、シーバスが浮いてる状況ならすぐにプラグゲームができるように準備してますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

土曜日はプラグでポコポコ釣れましたもんね〜♪

その翌日の日曜日もアジングセットとプラグセット両方持ち込んで中央区エリアに寄り道して来たのですが・・・・・・・・

さすが連休中(=ω=.)

人が多すぎて、狙いの場所には入れずプラグゲームは諦めてアジングに集中。

今回は友人F氏との釣行でしたわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

CI4+アジング S408UL-S 

CI4+ アジング S608UL-S

この二本の鱗ずけのお手伝いですわ!!

このS408UL-S気になってたので、触らせてもらうのが楽しみにしてたんですよね〜。

さて、とりあえずは使い慣れたDFR−511でアジの有無を確かめますわ!

僕の使用タックルは

ロッド:DFR−511 
リール:ソアレCI4+ 500S
ライン:月下美人TYPE-E 1lb


F氏の使用タックルは

ロッド:CI4+アジング S408UL-S  
リール:ソアレCI4+ 500S

ロッド:CI4+ アジング S608UL-S
リール:ヴァンキッシュ 1000PGS

であります。

さて、DFR-511で探りを入れていくのですが、流れはそれなりに出ているし、サイコロヘッドMini0.8gカウント15のレンジで、はっきりした流れの変化も出ているのですが、肝心なアジからのコンタクトが無い・・・・・┐(´ー`)┌

あ、無いこともないかww

ただすごくローペースで釣れるので、再現性が乏しい・・・。

2匹までしか続かない・・・。

image


F氏もS408UL-Sを使用して、潮目を中心にサーチしてるものの、なかなかアジからのコンタクトがない様子(=ω=.)

う〜ん。。。。

F氏に潮目を中心に探ってもらい、僕はボトムにレンジを切り替えてサーチしますも・・・・

単発Σ(°Д°;)

そんな中、F氏もS408ULSでファーストフィッシュをゲット!!!

でも、なんかあまり納得いってなさそう???

どうやらやりとり感がなかった模様。

これはロッドの短さゆえかな???

さっそく僕もロッドをお借りしてやってみます。

うーん、こりゃー軽いですね〜♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

素振りした感じも気持ちよい!

さーて、キャスト!!!

・・・・・Σ(°Д°;)

おう、これよく飛びますね!

さーて、潮読み感度はどんなもんかな・・・・??

・・・・・・・・・・

・・・・・・・

ふむふむ、フォール中に流れていく感覚はわかりますね。

・・・・・

ん!??

なんじゃこりゃ・・・・。

リールが気持ち悪い(-_-)

おかしいなぁ。。。

僕と同じCi4 500sのはずだけど、巻き心地がぜんぜん違う・・・。

確かに僕も買った当初、めちゃくちゃ重たいと文句たらたらでしたが、このところはギアが馴染んだようで、3cmハンドルを装着したルビアスと変わらない巻き心地になってたので忘れてました(=ω=.)

んー、それにしてもこんなに重かったかな????

34の最新のゼログラ?ダブルハンドルを付けてらっしゃるので、僕の以上に快適に回せそうなもんだけどなぁ・・・・。

うーん、重たいとかいうレベルじゃない気がする????

ゆっくりゆっくり巻いてみると、途中で「・・・・・コキ・・・・・・キュ・・・」

あれ??何か挟まってるような異音が手に伝わってくる・・・。

このノイズのせいでぜんぜん集中できない上に、ハンドルが綺麗に回らん┐(´ー`)┌

どうやら、この500Sは故障している模様(=ω=.)

巻き取りがスムーズにできないので、アジをかけた後のやりとりもボンヤリ。

結局、壊れたリールでの釣行だったので、ロッドの真のポテンシャルは分からずじまいでした。。

とりあえず、キャスト〜潮の流れを感じるという一連の動作は快適に行えましたが、アジを掛けてからあとはちょっと微妙な感じでしたねぇ〜。

リールが壊れてたせいもあるのですが、ラインの回収速度よりアジの方がはやくこちら側に突っ込んで来るということが2連続ありまして。

どうしても極端にロッドが短いので、細く仕上がって入るものの、溜めが効かず、ラインテンションを強めに掛ける【早く巻く】ように意識しないとぜんぜん竿が仕事しないんですよww

リール⇨ライン⇨魚。な感じw

豆アジだと、魚の重さをロッドで感じることがほぼ出来ず、リールの巻き抵抗しか感じない(=ω=.)

あー、F氏がよく分からんけどアジ獲れとったと言った意味がわかりましたwww

これ、ハイギアのリールと合わせた方が相性いいのかもなぁ〜。

とりあえず、まともなリールと組み合わせないと評価できないから、このロッドのレビューはまた後日にしましょ!ってことで、他のタックルで釣り続行!

F氏はs608ULSとの相性が良いようで、群れが入り出すと連発www

巻いているだけできっちり魚乗りますね〜。

ロッドエンドが長めなので、リフトアクションもつけやすいですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

image

手のひらの付け根でちょっとリールシートを押してあげながら竿をしゃくると楽にアクションも入れることができますわ♪

一見これUL?て感じのパッツリ感がありましたが、魚掛けてみると納得www

あー、確かにULですなw

今回のCi4アジングシリーズから搭載されてるグリップはなかなか良い使用感でありますね!

これまではエクスチューンにしか付いてなかったグリップですもんね〜。

ci4アジングに搭載されるとお得感がありますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

僕のは旧モデルなんで、ちょっとジェラシーですけどww

アジの群れ自体は、明暗差、とくに差し込むシェイドを中心についてますね〜。

そのシェイドに対してどうアプローチするのか。

これが問題。

海面に見えてる明暗差と海中における明暗差にはズレがあるので、そこを意識して、ジグヘッドが通る場所ができるだけ明暗の境になるように意識すると数が出る感じですね〜(°∀°)ノ

それとやはり船の下というのはアジがたまりやすい傾向にありますね。

船のキール・リップが海中に沈んでいることを意識してあげるとアプローチの仕方がちょっと変わるかもしれないですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

和船と違って、湾奥に止まってる船は、海面から海中に随分深く船底が沈んでいるわけですので、、そこは海中に壁が出来ているようなものですもんね〜。

この壁はベイトを追い込んで食べるには丁度良い「追い込み口」になってるので、そこに対してどの角度でジグヘッドを通すとアジが追って来やすいかを考えると面白さ倍増ですね♪

単純に船があればそこには影が落ちるので、そこにアジが付いているだけの話かもしれませんが、どのトレースラインを選ぶかによって反応の出方に差があったのは確かですね!

僕はその差の理由として、海中にできた「壁」としての船底に注目してるんですよ(°∀°)ノ

流れの中に壁を作れば、当然そこで流れも分断・分流するわけですし、特に船の場合はTの字(リップ形状)になているので、流れが当たれば、潮もドラム式洗濯機のように回転しやすいわけですので、浮遊物もたまる傾向があるわけですよね〜。

そこに対してのアプローチですね♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

まー、そんな感じでアジは大量にゲットwww

IMG_3026

途中からクーラーに入りきれないのでリリース(((°Д°;)))

F氏釣りすぎでありますww

S408ulsについては、後日改めて鱗ずけですね!

F氏のリールは初期不良ということで無事に返品交換してもらえたようですので、近いうちにリベンジですわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

このところ、仕事忙しかったり、10月10日が結婚14周年だったり、アジングの大会やら、クリアブルーナイトとか・・・・・

イベント盛りだくさんすぎてあっという間に時間が過ぎてしまい、日記が飛び飛びになってしまいましたわ(°д°|||)

来週からはひと段落できそうなので、またのんびり日記書きながら釣り倒しますわ〜(°∀°)ノ

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 

アジングにナイロンラインなんて!? ナイロンラインを改めて見直してみる(°∀°)ノ



こんにちは!

このところアジングシーンに、チューブラロッドであるJH-Special 58/TZ を導入し、あれこれ試行錯誤しているのですが、ライン選定によって随分と性格の変わるロッドであるという認識になりました!

一番安定して釣果をあげることのできるセットは意外なことにナイロンでしたわ(°∀°)ノ

以前からナイロンラインは機をみて使ってきていたので、使用することに対してなんの抵抗もなく、湾奥アジングシーンでは0.8号のラインが使いやすいというの2年ほど前に一旦行き着いていたのですよ(°∀°)

ただ、それはタダ巻きの釣りをすることを前提としてのアプローチでの話で、凡庸性のある装備としてナイロンラインを選択したことは無かったんですよ。

あれから2年近くたって、僕のアジングスタイルも随分と確立されてきたので、その上で改めて色々なラインを使用してみるのも幅が広がって面白いかなぁ〜と思いましてね!

とくにチューブラの58TZにナイロン装備の場合、ソリッド&エステルの現代アジングの定番装備に釣り負けない、場合によってはキャッチ率では上回ることが実感できたので・・・・・

こうなるとソリッドでも試してみたくなったわけですよwww

比較的パッツリしたアジングロッドを好んで使用していた時期は、抜けアタリというのをあまり認識できてなくて、いかに強くアタリが出るかを考えていたので、ナイロンは局所的にしか役に立たないと思ってましたが、今ならどうかなぁ??

DFR-511 を手に入れて以来、僕の中のアジングが劇的に変わり、強いアタリももちろんですが、それに加え、ラインの負荷変化によるアタリを積極的に取るようになってきましたのでねぇ〜。

今ならナイロンに対しても新たに思うところもあるんじゃないかと♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ってことで、昨晩はナイロンラピズム モノ 0.8号をもって中央区の堤防にお出かけ!

ロッドは

JH-Special 58/TZ
 

,GRF−TE68usemouth,

DFR-511

メインラインは全て、ナイロンで実験。

ジグヘッドは全て0.6g・ワームはアジール縛り(°∀°)ノ

58TZについては、すでにナイロンが標準装備となってますけどね〜ヽ(°ヮ°*)ノ

ちょうど釣り場に着きますと、先行者あり(°∀°)ノ

あら、じゃー2番候補のポイントを打ちますわ!

まずは準備運動として58TZ&ナイロンでアジング開始。

漂流物が手前の方に寄ってますし、船の船尾の先にちょうどいいシェイドができてます。

こりゃ浮いてるかな?

カウント5のレンジからまずはただ巻きで誘ってみますと・・・・

船の陰で・・ヌン!!!
image

今日はリリースの釣りなので、ガーグリップを使わずGolden Meanキャッチネット を使いますわ。

しかし、2匹目は同じところでは反応がなく、ちょっとレンジを刻むことに。

チューブラ&ナイロンですと、潮も普通に読めますね\(^o^)/

カウント10で流れが強く右から左へ出てます。

そこを流し込んでいきますと・・・・・ん?

違和感を合わせると・・・ぐぐぐ!!!

image

うーん、ドラグフルロックなので引きが心地よいですね〜!

同じパターン連続で3匹追加してあたりストップ。

目視できる別のポイントに流れが当たっているのが確認できたので、そちらに移動してみると・・・

あれ??先行者は友人やったwww

久しぶりの友人seagulhigh1さんと遭遇!!

試しに58TZで、ナイロンアジングやってもらいますと、最初少々戸惑われたようですが、『ライン自体をティップとしてイメージしてみて」と伝えるとすぐにポンポン釣り始めましたw

彼もDFR-511の愛用者なので、ラインの負荷変化には敏感に敏感なタイプ(°∀°)ノ

やはりチューブラにナイロンは、ちょっと練習すればすごく使いやすい組み合わせですね。

このあと、エステルも試してもらいますと、まー掛からないwwww

悶絶スタートw

僕はDFR511に、ナイロンのセットを実験。

エステルに比べ、ジグヘッドの存在はわかりにくくなりますねぇ┐(´ー`)┌


【ソリッドロッド&エステルの場合】

「手元⇆ジグヘッド」という感じで、ジグヘッドの置かれている状態が、ダイレクトにわかります。

大げさにいうと、ラインは存在してない感じですね。無線状態w


【ソリッド&ナイロンの場合】

「手元⇆ライン」という感じで、ジグヘッドの存在は直接意識できません。

ただ、意外とこのラインからの情報というのが多い♪

※ジグヘッドを感じようと思うとNo感度となります。ライン全体の重量を感じるゲームですね。
※0.8号という現代アジングからするとかなり太いラインを使用しておりますので、伸びるナイロンとはいえ、「コン!」というアタリもちゃんと「ブるっ!」とでますわ。

下手すると、伸び率の高い極細エステエルとの比較なら、そんなに伝達感度も劣らない感じです。

ライン比重はエステルより軽いのに、非常にラインの重さを感じるんですよねぇ。

これが不思議。

でも、釣果は上々ww

「動かさないアジング」であっても問題無し。

おそらく極小のバイトは取れてないものと思われますが、『合わせるべきアタリ』については最低限以上取れているといった感じ。

なので、ゲキ渋状態でアジの棚を探さなければならない時などは苦戦が考えられますね。

『探り』という行動については、やはりエステルやPEの方が優れている気がしますわ。

小さな掛けられないようなバイトであっても、魚の存在・レンジはとりあえず把握できますからね!

掛けれる掛けれないは別として(°∀°)ノ

潮の流れの変化はティップに絡みつくようなラインの重さの変化で普通にとれますので、アジの極小バイトは捉えられないとしても、アジが高確率でいるレンジ・幅については絞り込むことは可能ですね。

かつ、そこでバイトを得られた時のキャッチ率はエステルより高い感じ。

なので、ソリッドにナイロンという組み合わせは、そのアジンガーのアジの群れの絞り込み方【アプローチ】しだいで、使える使えないの意見が別れるような気がします。

いずれにしても、高活性で食い方が雑になっているアジを捉えるのにはもってこいなラインですね。

数が釣れる状況でもありますし、飲み込みが深く、かつ伸びのおかげで、ドラグフルロックでもバラシがほぼ皆無でキャッチできますから、手返しの面でもすぐれてますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

昨日も途中レンジを把握すると10連続以上キャッチも楽チンでした。

アクションついては苦手なものと得意なものが綺麗に分かれる感じでした。

まだたった1時間そこらのアジングなので、見極めには至ってませんが、

・ストップ&ゴー、

・巻きによるレンジ浮上&階段フォール、

・大きめのリフト&フォール(実際はそんなに動いてないはず)、

・伸びを生かしたダート幅を抑えたアクション


このあたりは向いてるアクションと認識しました。

どれも解説しながらアジを掛けることが出来ましたので♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

もっとも反応よく釣れたのが、


『シェイキング&ストップ』


これはひょっとすると、伸びがあるため、シェイク中もジグヘッドが定点に定位しているに近かったのかもしれませんね〜。そこからストップでのフォール。

『いつもの動かさないアジング』も可能でしたが、少々ぼやけた感じは否めませんね〜。

ここぞというところで、こちらから誘いを積極的に入れて、『静止(フォール)』、そして『深く食わせる』というのが基本スタイルになるのかなぁ〜という感じです。

ただ巻きだけで使うには少々もったいないですね(°∀°)ノ

有効だと思ったアクション全般を振り返ってみても、やっぱり『静止』というのが深いバイトを得るためのキーとなる気がします。

せっかくのナイロンなので、その特性である「伸び」を最大に生かすためには、『伸びた後の解放』ここで食わせるのがバイトが深くなるコツの一つなのかなぁ〜と思いながらのアジングでありましたわ。

DFR−511&ナイロンでも10匹ほどさくっと釣ることが出来まして・・・

image

その後、ちょっと長めで重ためのロッドであるGRF-TE68usemouth&ナイロンでも実釣。

image

image

うん、こちらでも潮のおもさを図りつつ、安定の釣果♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

やはりナイロンでの釣りにさほど問題はないですが・・・・・・

DFR-511に比べると大幅にラインの重さを感じにくかったです。

ロッド自体が重たいのと、ロッドが長いため、穂先までの距離が遠い為ですかね〜。

こちらのロッドにはエステルの方がかなり使いやすいという印象でした。

確か前に、ソアレ CI4+ アジング S704LSでナイロンを使用した時もそんな感じだったので、どうやら、ナイロンと相性が良いのはショートロッドのようですね(°∀°)ノ

そして、総タックル重量が軽いに越したことはないというのは、エステルもナイロンも共通ですね(´・ω・` )

ま、とりあえず友人に30匹越、お持ち帰りいただきw、残りは全てリリース(°∀°)ノ

image

まだまだやり込みが足りないので、ナイロンはオススメ!!とは言えませんが、ドラグフルロックアジングが楽しいので、しばしメインラインをナイロンに切り替えてのアジングを展開してみますわ♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪

ポロリがないのも意外と快適ですわwww

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
 
↑ クリックで応援していただけると幸いです(°∀°)ノ

 
livedoor プロフィール
こんなのもいかが??
最新記事(画像付)
こんなのもいかがでしょ?
Amazonライブリンク
ギャラリー
  • 雨&風に悩まされながらも、50分ナイトアジング!! 1.5gジグヘッドで、足場高めのポイントを攻略♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • 雨&風に悩まされながらも、50分ナイトアジング!! 1.5gジグヘッドで、足場高めのポイントを攻略♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • 雨&風に悩まされながらも、50分ナイトアジング!! 1.5gジグヘッドで、足場高めのポイントを攻略♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • 雨&風に悩まされながらも、50分ナイトアジング!! 1.5gジグヘッドで、足場高めのポイントを攻略♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • 雨&風に悩まされながらも、50分ナイトアジング!! 1.5gジグヘッドで、足場高めのポイントを攻略♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
  • 雨の中、ゲキ渋ナイトアジング(((°Д°;))) タイミングを誤ってしまった〜www
  • 雨の中、ゲキ渋ナイトアジング(((°Д°;))) タイミングを誤ってしまった〜www
  • 雨の中、ゲキ渋ナイトアジング(((°Д°;))) タイミングを誤ってしまった〜www
  • 雨の中、ゲキ渋ナイトアジング(((°Д°;))) タイミングを誤ってしまった〜www
記事検索
知らないエリアで釣りしたい(°∀°)ノシ 安ければ行くのにw
livedoor 天気
クリックで応援いただけると励みになります!
スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

日常生活だよー。
ブログランキング挑戦中〜♪ クリックで応援お願いします♪〜ヽ(°ヮ°*)ノ〜♪
楽天市場からのオススメ! なぜ分かる!?Σ(°Д°;)